「川合玉堂」の版間の差分

別邸の件を追記
m
(別邸の件を追記)
 
[[戦後|第二次世界大戦後]]にも、同地の自然を愛する玉堂はそのまま定住、同地で1957年没した。現在、同地には[[玉堂美術館]]がある。
 
また、[[神奈川県]][[横浜市]][[金沢区]]には大正6年(1917年)頃に建設した別邸「二松庵」があり、横浜市指定の有形文化財として月1回の一般公開もなされていたが<ref>[http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/kusei/kikaku/gyokudo/ 横浜市 旧川合玉堂別邸 トップページ]</ref>、2013年10月16日に発生した火災により全焼した<ref>[http://www.asahi.com/national/update/1016/TKY201310160009.html 旧川合玉堂別邸が全焼 横浜・金沢区] 朝日新聞 2013年10月16日</ref>。
 
日本の四季の山河と、そこで生きる人間や動物の姿を美しい墨線と彩色で描くことを得意とした。
== 関連項目 ==
*[[尾上柴舟]]
 
== 脚注 ==
<references/>
 
== 外部リンク ==
109,663

回編集