「興玉神」の版間の差分

歴史を新設。
(画像変更。)
(歴史を新設。)
|祭神 = 興玉神:興玉神<br />宮比神:宮比神<br />屋乃波比伎神:屋乃波比伎神
|社格 = [[皇大神宮]]末社
|創建 = [[平安時代]]
|本殿 = なし
|別名 =
 
== 概要 ==
[[三重県]][[伊勢市]]宇治館町、内宮の御垣内に鎮座する<ref name="gk"/>。御垣内には一般参拝者が立ち入ることはできない<ref name="gk"/>ため、付近の[[参道]]から遥拝する<ref name="ic3">伊勢文化舎(2008):113ページ</ref>。内宮の御垣内にあるため、[[神宮式年遷宮|式年遷宮]]で内宮が[[遷御]]するのに合わせて、20年に1度、3社も移動する<ref name="ss">福山ほか(1975):229ページ</ref>。
 
3社のうち、興玉神と宮比神は同じ[[石畳]]の上に祀られている<ref name="ic3"/>。ただし、興玉神は西向きに、宮比神は北向きに鎮座している<ref name="gk"/>。
興玉神は、内宮の所管社30社のうち、[[滝祭神]]に次ぐ第2位である。御垣内の西北隅にある石畳の上に西向きに鎮座する<ref name="gk"/><ref name="ic3"/>。6月と12月の[[月次祭]]および10月の[[神嘗祭]]の際には、奉仕する者全員が、まず興玉神に誠心誠意奉仕することを祈念する<ref name="gk"/>。
 
祭神は社名と同じ興玉神(おきたまのかみ)<ref name="ic3"/>。正宮の守護神である<ref name="gk"/>。『神名秘書』によれば、[[サルタヒコ|猿田彦大神]]またはその[[子孫]]である大田命の別名であるという<ref name="ic3"/>。鎌倉時代には宮域の[[地主]]神・猿田彦大神として興玉神を祀り、[[神嘗祭]]と[[月次祭]]の御贄供進の際に祭祀が行われ、重視されてきた<ref name="ss"/>。
 
== 宮比神 ==
 
祭神は社名と同じ屋乃波比伎神(やのはひきのかみ)<ref name="ic4"/>。正宮の神庭の守護神である<ref name="ic4"/>。『[[古事記]]』には[[スサノオ|須佐乃乎命]](すさのおのみこと)の子である[[年神|大年神]]の子の中に「波比伎神」がいる<ref name="ic4"/>。
 
== 歴史 ==
[[延暦]]23年([[804年]])の『延暦儀式帳』には記載されていないが、[[平安時代]]末期の[[文献]]には3社の名前が記されている<ref name="ss"/>。興玉神・宮比神は現社名と同じであるが、屋乃波比伎神は「矢乃波々岐神」となっている<ref name="ss"/>。
 
興玉神・宮比神は[[寛文]]9年([[1669年]])以降、内宮の内玉垣外の北西の位置に鎮座したが、[[明治2年]]([[1869年]]/[[1870年]])からは板垣内北西端に鎮座することとなった<ref name="ss"/>。
 
== 交通 ==
== 参考文献 ==
* [[学研パブリッシング]]『伊勢神宮に行こう』Gakken Mook神社紀行セレクションvol.1、[[薗田稔]]監修、学研マーケティング、2013年7月4日、82p. ISBN 978-4-05-610047-1
* [[福山敏男]]・[[稲垣栄三|稲垣榮三]]・村瀬美樹・胡麻鶴醇之『神宮―第六十回神宮式年遷宮―』[[小学館]]、昭和50年4月20日、246p.
* 『お伊勢さん125社めぐり』別冊『伊勢人』、[[伊勢文化舎]]、平成20年12月23日、151p. ISBN 978-4-900759-37-4