「ه」の版間の差分

1,158 バイト追加 、 7 年前
書き直し
m (ボット: 言語間リンク 19 件をウィキデータ上の (d:Q294219 に転記))
(書き直し)
{{特殊文字}}{{clearright}}{{アラビア文字}}
'''ه'''(ハー)は[[アラビア文字]]の26番目に位置する文字。[[ヘブライ文字]]の'''[[ה]]'''、発無声声門摩擦は全く異なるが[[ラテン文字]]の[[E]]、[[ギリシャ文字]]の[[Ε]]、[[キリル文字]]の[[E]]と対応している。元の[[フェニキア文字]]は『[[糸]] {{ipa|h}} 意味していた表す
 
[[フェニキア文字]]から受け継がれた文字の一つで、[[ヘブライ文字]]の {{rtl-lang|he|'''[[ה]]'''}}、発音は全く異なるが[[ギリシャ文字]]の {{lang|el|[[Ε]]}}、[[ラテン文字]]の {{lang|la|[[E]]}}、[[キリル文字]]の {{lang|ru|[[E]]}} と対応している。元は『[[糸]]』の形であった。
[[無声声門摩擦音]]をあらわす。[[国際音声記号|IPA]]は'''[h]'''。
 
上に点のつい{{rtl-lang|ar|'''[[ة]]'''}} は『ター・マルブータ』と呼ばれ {{rtl-lang|ar|'''ه'''}} とは別字として扱われる
 
[[ペルシャ文字]]やそこから派生した[[ウルドゥー文字]]などのアルファベット順では、{{rtl-lang|ar|ه}} は {{rtl-lang|ar|و}} と {{rtl-lang|ar|ي}} の間に置かれる。
派生した文字には、ھがあり、هの語頭形に似ている。('''هـ''')
 
==関連する文字 ==
[[ウルドゥー文字]]では {{rtl-lang|ar|ه}} が2種類に分かれている。
* {{rtl-lang|ur|بھ}} のように他の子音の後ろについて、[[帯気音]]を表す。語末にあってもアラビア文字の {{rtl-lang|ar|ه}} の語中形のように書かれる。単独ではアラビア文字の語頭形のように {{rtl-lang|ur|ھ}} と書かれる。
* {{ipa|h}} を表す。単独ではアラビア文字と同じように {{rtl-lang|ur|ہ}} と書かれる。語頭・語中・語末では {{rtl-lang|ur|ہہہ}} のように特殊な形に書かれる。
[[Unicode]] では、前者に U+06BE、後者に U+06C1 を割り当てている。
 
[[ウイグル語]]でも2種類の {{rtl-lang|ar|ه}} が存在する。
* {{rtl-lang|ug|ھ}} (U+06BE) は {{ipa|h}} を表す。独立形は語頭形と同じ形、語末形は語中形と同じ形になる。
* {{rtl-lang|ug|ە}} (U+06D5) は母音の {{ipa|ɛ}} を表す。常に語末形か独立形で現れ、後ろの文字に続かない。
 
==هـ==
هـは、هの派生文字。語頭形、語中形、語末形、それぞれの文字が、هの語頭形に似ている。
==符号位置==
{|class=wikitable style="text-align:center"