「シメオン・ドニ・ポアソン」の版間の差分

ツカガワトモヒロ (会話) による ID:49442964 の版を取り消し 文意不明
(ツカガワトモヒロ (会話) による ID:49442964 の版を取り消し 文意不明)
'''シメオン・ドニ・ポアソン'''(''Siméon Denis Poisson''、[[1781年]][[6月21日]] - [[1840年]])は、[[ポアソン分布]]・[[ポアソン方程式]]などで知られる[[フランス]]の[[数学者]]、[[地理学者]]、[[物理学者]]。
 
[[ピティヴィエ]]で生まれた。はじめは父の意向で[[医学]]を志したが、不器用であることや医学に関心を医学以外に向けてい持たなかったことから[[数学]]へ転向した。[[パリ]]の[[エコール・サントラル]]を経て{{要出典|date=2009年10月}}、[[1798年]]に[[理工科学校|エコール・ポリテクニーク]]に入学、[[ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ|ラグランジュ]]、[[ピエール=シモン・ラプラス|ラプラス]]らに代数学などを学ぶ。[[1802年]]に[[ジョゼフ・フーリエ|フーリエ]]の後任としてエコール・ポリテクニーク教授に就任し、[[1806年]]まで在籍した。
 
[[1808年]]と[[1809年]]にポアソンは、主要業績とされる幾つかの論文を[[科学アカデミー (フランス)|フランス科学アカデミー]]会報に発表した。1808年の ''Sur les inégalités des moyens mouvement des planètes'' では[[惑星]]の運動を取り扱い、ラプラスとラグランジェの提出した問題への解答を試みた。続く1809年には ''Sur le mouvement de rotation de la terre'' および ''Sur la variation des constantes arbitraires dans les questions de méchanique'' において、ポアソンはこれを発展させた。また[[1811年]]にはエコール・ポリテクニークでの講義録を2巻の書籍として出版した。