「窓関数」の版間の差分

m
リークは一般的に等価の[[帯域幅]] <math>B</math> として表される。
リークについて[[DTFT]]による長方形(高さは[[スペクトル]]の最大で幅は <math>B</math> )への再分配を考えた場合、より多くのリークはより大きな[[帯域幅]]となる。
入力信号が[[ランダム・ノイズ]]成分を含んでいる(あるいは単に[[ランダム・ノイズ]]である)時、それぞれの[[離散フーリエ変換|DFT]][[ヒストグラム|ビン]]に含まれる平均電力に[[比例]]するため、この帯域幅は''雑音等価帯域幅''もしくは''等価雑音帯域幅''と呼ばれる。
一定時間で平均化した[[パワースペクトル]]のグラフが一般的に水平な{{仮リンク|ノイズフロア|en|Noise floor}}として現れる現象は、この結果発生している。ノイズフロアの高さは <math>B</math> に比例する。よって、2つの異なる窓関数では、異なるノイズフロアが発生する。
 
13,145

回編集