「銅アンモニアレーヨン」の版間の差分

m
テンプレートとリンク整理
m (ボット: 言語間リンク 7 件をウィキデータ上の d:q225846 に転記)
m (テンプレートとリンク整理)
| {{出典の明記|date = 2011-11}}
{{複数の問題
| 出典の明記 = 2011-11
| 参照方法 = 2011-11
| Wikify = 2011-11
| Cleanup = 2011-11
}}
[[ファイル:Cupro.jpg|200px|thumb|銅アンモニアレーヨン生地]]
'''銅アンモニアレーヨン'''(どうアンモニアレーヨン、''cuprammonium rayon'')は、[[再生繊維]]の一種。'''キュプラ'''(''cupro'')や'''銅シルク'''とも呼ばれる。吸放湿性に優れ、一般的な[[レーヨン]] ([[ビスコース]]レーヨン) に比べ、耐久力や耐摩耗性などに優れている。
 
== 製法 ==
銅アンモニアレーヨンの生産には'''銅アンモニア溶液''' (シュバイツァー溶液) を用いる。この溶液は[[水酸化銅(II)]]に[[アンモニア]]を加え、塩基性硫酸銅とし、[[水酸化ナトリウム]]を加えることで作られる。この溶液は銅アンモニア[[錯体]]が生じ、[[セルロース]]を[[溶解]]させることが出来る。この[[セルロース]]を溶解させた銅アンモニア溶液を[[酸性]]の水中に押し出すことで、[[セルロース]]が再生し、[[繊維]]を生じる。各反応は次のとおりである。
 
* Cu(OH)<sub>2</sub> + 4NH<sub>3</sub> → [Cu(NH<sub>3</sub>)<sub>4</sub>](OH)<sub>2</sub>
 
{{ウィキポータルリンク|ファッション}}
 
{{Textile-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:とうあんもにあれえよん}}
[[Category:セルロース]]
[[Category:合成繊維]]
{{Textile-stub}}