「ヴィクトル・チェルノフ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 13 件をウィキデータ上の d:q548471 に転記)
 
==農業理論の展開==
[[1894年]]逮捕される。その後、[[タンボフ]]県で農民に対する工作を経て、[[1899年]]当局の許可を得て、家族とともに国外に移る。途中、[[サンクトペテルブルク]]のミハイロフスキーの下に立ち寄り、全人口中、[[農民]]が圧倒的に多い農業国での特殊条件を考慮に入れた[[社会主義]]理論を示唆される。このミハイロフスキーの示唆に加え、「合法マルクス主義者」として知られる[[シュトルーベ|ピョートル・シュトルーヴェ]]の『ロシアの経済発展問題に対する批判的覚書』(1894年)に大いに触発される。国外でのチェルノフは、[[哲学]]、[[農業]]理論に関する論文を発表し、評価された。チェルノフは[[カール・マルクス|マルクス]]を評価する一方で祖国ロシアの現状に鑑み、マルクス経済学を修正し、後進国ロシアの実情を分析した。チェルノフはロシアが資本主義化の端緒についたばかりであると喝破し、後進資本主義国ロシアの特殊事情を盛り込んだ農民主体の社会主義理論を提起した。
 
==社会革命党結成==
匿名利用者