「予備役」の版間の差分

平時での艦隊編制は、国策の遂行や海上警備など通常任務に常時対処でき、かつ戦時即応に近い編制内容へと、海軍予算的に可能な限りに心掛けられていたが、当然ながら戦時下の艦隊編制とは異なっていた。[[1935年]](昭和10年)の日本海軍保有艦艇数は273隻だったが、その内の103隻が予備艦であり、実に保有艦艇数の38%にも及んだ。
 
予備艦は船の状態によりいくつかに分かれていた。
{| class="wikitable" summary="この表は日本海軍の予備艦の種別の一覧である。" title="日本海軍の予備艦の状態種別" border="1"
|+日本海軍の予備艦の状態種別
! scope="col" |
! scope="col" | 船の状態
匿名利用者