「ウォレン・ハーディング」の版間の差分

 
しかしながら、ハーディングおよび政権のメンバーによって書かれたクー・クラックス・クランに関するいかなる文書も存在しないことは知られている。近年ハーディングの伝記作者であるロバート・ファーレル、カール・アンソニーおよびジョン・ディーンはハーディングの死後に広まった噂の例としてこの説に関する反論を唱えている。
 
===禁酒法===
禁制時代に、ホワイトハウスで酒宴をたびたび催している。
 
==関連項目==
匿名利用者