メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[1960年代]]歌謡史を代表する女性歌手のひとり、西田佐知子が歌唱した楽曲である。[[シングル#A面/B面|A面とB面]]に異なる歌手の歌唱楽曲が収録されたシングルレコードの片面として、1960年4月に発売された。もう片面は、原田信夫が歌う「夜霧のテレビ塔」である。
その「夜霧のテレビ塔/アカシアの雨がやむとき」は、ポリドール・レコードから発売された西田佐知子の4枚目のシングル盤である。それ以前に発売された3枚も、異なる歌い手とカップリングされたシングルレコードであった。発売時の[[ディスクジャケット|レコード・ジャケット]]は名前表記が<!--出典調査中→旧芸名-->当時の本名<ref name="cdbox">2007年3月28日にユニバーサルミュージックから発売された[[CD-BOX]][[西田佐知子歌謡大全集]]』(UPCY-9096/100)の[[小冊子|ブックレット]][[ライナーノーツ]]「60年代の歌姫 西田佐知子」(鈴木啓之著)参照。</ref>である「西田佐智子」になっており、原田信夫の顔写真も掲載されていた<ref>2003年11月26日にユニバーサルミュージックから発売された[[ベスト・アルバム]]『[[GOLDEN☆BEST 西田佐知子]]』(UICZ-6041)のCDジャケットに掲載されている。</ref>。しかし、本楽曲が圧倒的に広く浸透した結果、レコード・ジャケットが西田佐知子のみの写真にレイアウト変更され、名前も現芸名の「西田佐知子」に修正されたリニューアル盤が制作され流通していった<ref>リニューアル盤の西田佐知子の写真も複数パターンが存在する。</ref>。
シングル盤の発売自体は前述の通り1960年であったが、[[紅白歌合戦]]([[日本放送協会|NHK]]、以降「紅白」)では[[1962年]]の[[第13回NHK紅白歌合戦|第13回]]で初披露された。歌唱順は、紅組のトリ([[島倉千代子]])前である<ref>対戦相手は[[フランク永井]]。白組のトリは[[三橋美智也]]。</ref>。尚、紅白には前年の[[第12回NHK紅白歌合戦|第12回]]に「[[コーヒールンバ]]」で初出場をしている<ref>紅白での歌唱映像は第12回・第13回のどちらも現存しない。第12回における西田佐知子の歌唱写真は、『紅白50回 栄光と感動の全記録』(財団法人[[NHKサービスセンター]]、平成12年1月16日発行)に掲載された。現存する最古の紅白出演映像は、「[[エリカの花散るとき]]」を歌った1963年の[[第14回NHK紅白歌合戦|第14回]]である。</ref>。紅白同様、[[年末年始|年末]]に放送される[[日本レコード大賞]]では、1962年の『第4回輝く!日本レコード大賞』においてロング・セールスが評価され、「特別賞」が授与された。
3,838

回編集