「予備役」の版間の差分

海外においては、予備役から就役を果たした中で記録的に有名なものに戦艦[[ニュージャージー (戦艦)|ニュージャージー]]があり、[[太平洋戦争]]から始まり、[[朝鮮戦争]]、[[ベトナム戦争]]、[[レバノン内戦]]と、ひとつの戦いが終わるたびに予備役艦とされ、4度の就役を果たしている。航空機では[[F-117 (航空機)|F-117]]が保管されており、[[ステルス攻撃機]]としての需要が起これば再び就役するという体制をとっている。保管といってはいるが、事実上の予備役である。
 
=== 予備艦 ===
[[大日本帝国海軍|日本海軍]]保有艦船の内、[[連合艦隊]]など[[艦隊]]に編入や付属されたり、[[鎮守府]]、[[警備府]]に所属して任務に属している船を 「在役艦船」、その他の役務を持たない船を 「'''予備艦船'''」 と呼んでいた。
 
平時での艦隊編制は、国策の遂行や海上警備など通常任務に常時対処でき、かつ編制内容が戦時即応に近づくよう、その年度の海軍予算内で可能な限り心掛けられていたが、当然ながら戦時下の艦隊編制とは大幅に異なっていた。[[1935年]](昭和10年)の日本海軍保有艦艇数は273隻だったが、その内の103隻が予備艦であり、実に保有艦艇数の38%にも及んだ。
 
予備艦は船の状態により、いくつかに分かれていた。
{| class="wikitable" summary="この表は日本海軍の予備艦の種別の一覧である。" title="日本海軍の予備艦の種別" border="1"
|+日本海軍の予備艦の種別
! scope="col" |
! scope="col" | 船の状態
匿名利用者