「角川ソフィア文庫」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{文学}}
'''角川ソフィア文庫'''(かどかわソフィアぶんこ、''Kadokawa Sophia Bunko'')は、日本の出版社・[[角川学芸出版]]が刊行する古典[[文学]]や[[歴史KADOKAWA]])が学術書題材中心刊行た[[書物]]をラインナップとすている[[文庫本|文庫]]レーベル。
 
== 概要 ==
前身は[[角川書店]]が[[1949年]]に[[角川文庫]]を創刊した際の分類における[[]]帯で、この分類は[[1960年]]頃に[[色|黄]]帯<ref>[[1980年代]]前半には、[[サブカルチャー]]を主な題材とする[[角川びっくり文庫]]も黄帯(SP201〜)で刊行されていた。</ref>(SP1〜100)へ配色が変更され[[1989年]]まで使用された。紫帯・黄帯は[[江戸時代]]までの日本の古典文学作品やその研究書を対象としており、角川文庫のリニューアルにより[[1990年代]]前半にはサブレーベル「'''角川日本古典文庫'''」として刊行された。なお同時期に[[角川mini文庫]]があった。
 
これとは別に、[[]]帯(SP101〜)があり、かつては古典を中心に[[学術]][[風習]][[民俗]][[伝記]]を主とした著作が刊行されていたが、[[1995年]]より「'''角川文庫ソフィア'''」のレーベル名で刊行されるようになり、[[1999年]]に両レーベルを統合する形で角川ソフィア文庫に再編された。そのため、カバーを外した際の装丁も角川文庫や他のサブレーベルと共通のものが用いられている。[[2001年]]からは日本[[古典文学]]を主に、現代語訳を中心とした編著「'''ビギナーズ・クラシックス'''」が刊行されている。
 
[[2001年]]からは日本[[古典文学]]を主に、現代語訳を中心とした編著「'''ビギナーズ・クラシックス'''」が刊行されているが、[[2005年]]より[[KADOKAWAグループ|角川グループ]]の組織再編により発行元が角川書店から[[角川学芸出版]]に移っている。但し、親レーベルの[[2013年]]に角川文庫と同様に学術出版は[[角川グループパKADOKAWA]]に吸収合併されリッシグ]]ドカンパニーとなった発売、編集元とて名前が残っている関係上、[[ISBN]]コードの変更等は行われていない
 
[[2008年]]より各タイトルに付される整理番号が更新され、頭にジャンル別アルファベットを付けた著者またはシリーズ別の番号が新たに採用されている。
匿名利用者