「二上達也」の版間の差分

m
勤めた⇒務めた など
m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:q722134 に転記)
m (勤めた⇒務めた など)
|作成日時 =
}}
'''二上 達也'''(ふたかみ たつや、[[1932年]][[1月2日]] - )は、[[棋士 (将棋)|将棋棋士]]。[[渡辺東一]]名誉九段門下で[[棋士 (将棋)#棋士番号|棋士番号]]は57。タイトル獲得通算5期1990年引退した<ref name="nenkan2008">{{Cite book|和書|editor=[[青野照市]]編|year=2008|title=将棋年鑑 平成21年版|publisher=[[日本将棋連盟]]|page=521|id=ISBN 978-4-8399-3261-9}}</ref>。
 
[[1989年]]から[[2002年]]にかけて[[日本将棋連盟]]会長をめた<ref name="shogi_or_history">{{cite web|url=http://www.shogi.or.jp/aboutus/history.html|title=組織概要[創立・沿革]:日本将棋連盟|accessdate=2012年8月14日|author=公益社団法人 日本将棋連盟}}</ref>。
 
== 経歴 ==
[[1932年]]、[[北海道]][[函館市]]の網元の家で8人兄弟の末子として生まれた<ref>二上(2004) 15頁</ref>。1939年に母が亡くなり、京都帝大を卒業した兄は[[太平洋戦争]]で北千島に出征した後に[[シベリア抑留]]を受けた<ref>二上(2004) 22頁、二上(2008) 40、45-48頁</ref>。比較的裕福な家庭だったが、[[戦後]]の農地改革で土地を失い、インフレにより貯蓄の価値が失われ、父は1946年に病気で亡くなった<ref>二上(2008) 47-48頁</ref>。その頃に函館中学(後の[[北海道函館中部高等学校]])へ通っていた二上は友人との将棋に時間を費やすようになり、やがてアマチュア六段の白土誠太郎<ref group="注釈">1960年に七段。{{cite web|url=http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/soumu/hensan/jimbutsu_ver1.0/b_jimbutsu/shirato_sei.htm|title=はこだて人物誌 白土誠太郎|accessdate=2012年8月14日|date=2008年3月31日|author=函館市中央図書館}} </ref>の将棋会所で指導を受けるようになった<ref>二上(2004) 40頁、50-53頁</ref>。
 
1949年、17歳のときにアマ名人戦北海道大会で準優勝し、優勝した島田永信と共に北海道代表として東京で開かれたアマ名人戦に参加して二上は2回戦敗退、島田は優勝した<ref>二上(2004) 34-35頁</ref>。中央棋界との交流がある白土は日本将棋連盟会長をめていた[[渡辺東一]]に二上を弟子とすることを提案した<ref group="注釈">二上より年下で同じ函館出身の[[北村昌男]]は既に白土の紹介で渡辺の弟子となっていた。 二上(2004) 34-35頁</ref>。シベリアから復員して函館中学の英語教師をしていた親代わりの兄は反対したが、軍で兄と面識のあった島田の説得もあり1950年に渡辺の内弟子となり上京した<ref>二上(2008) 62-64頁</ref>。
 
=== プロ入り ===
翌年度、王将を大山に奪還されて五冠復帰を許した。大山は1963年から1966年の間にタイトル19連続獲得を達成して五冠王を維持し、その間に二上はタイトル戦で大山に6回挑戦したがいずれも敗れた。第8期(1966年度前期)[[棋聖戦 (将棋)|棋聖戦]]で大山を3勝1敗で破り、再び大山のタイトル独占を崩す。半年後に棋聖位を奪還され、再び大山が五冠を独占した。
 
大山との対戦成績、通算で45勝116敗で大きく負け越しており、タイトル戦では20回対し奪取2・防衛0・敗退18<ref>二上(2004) 116頁</ref>であるが大山の五冠独占を2度崩した。
 
=== 2度目の棋聖獲得 ===
二上は理事として渉外を担当していたが、朝日新聞と契約していた名人戦の1976年度の交渉が難航し、合意に至らず順位戦・名人戦は中止された。代わりに名人戦の設立時にスポンサーだった毎日新聞が契約候補となり、棋士総会で毎日との契約が決定した。契約問題の責任をとって塚田理事会は総辞職し、新たに大山が会長に就任する際に二上は慰留を受けたが断って辞職した<ref>二上(2004) 155-160頁</ref>。
 
1989年、12年続いた大山会長に対する不満が若手・中堅の棋士の間で高まり、中原からの要請を受けて大山が最高顧問、二上が[[日本将棋連盟]]会長となった<ref name="kishi_174" />。[[2002年]]まで14年間(歴代最長)に渡って会長をめた<ref name="shogi_or_history" />。その間に[[女流王位戦]]、[[大山名人杯倉敷藤花戦|倉敷藤花]]の創設や[[竜王戦]]などのタイトル戦における女流枠の設定による女流棋士戦の活性化と、国際将棋フォーラムの開催による日本以外の国への普及活動を行った<ref>二上(2004) 189-193頁</ref>。
 
== 棋風 ==
4,435

回編集