「アイザック・ニュートン」の版間の差分

編集の要約なし
 
[[ファイル:TrinityCollegeCamGreatCourt.jpg|thumb|180px|[[トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)|トリニティ・カレッジ]]]]
[[1661年]]に叔父である[[ウィリアム・アスキュー]]が学んでいた[[ケンブリッジ大学]][[トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)|トリニティ・カレッジ]]に入学した<ref name="Venn">{{Venn | id = NWTN661I |name = Newton, Isaac }}{{en icon}}</ref>。入学当初は「サブサイザー」として仮に、1か月後に「サイザー [[:en:sizar|sizar]]」として正式に受け入れられた。これは講師の小間使いとして食事を運んだり使い走りをするかわりに授業料や食費を免除される、というものであった<ref name='kakeibo' />。大多数の学生は「コモナー」という自費で学費を払う者たちだったので、ニュートンは肩身が狭い思いをしたと推察され<ref name='kakeibo' />、こうした身分であったことや、自分の家柄のこともあり、同級生と打ち解けなかったという<ref name='kakeibo' />。その代わりにニュートンは、学問に対しては強い熱意と好意を持って接していた
 
当時、大学での講義のカリキュラム編成は、[[スコラ哲学]]に基づいて行われており、つまり主として[[アリストテレス]]の学説に基づいていたが、ニュートンは当時としては比較的新しい数学書・[[自然哲学]]書のほうを好み、[[ルネ・デカルト|デカルト]]や[[ガリレオ・ガリレイ|ガリレオ]]、[[ニコラウス・コペルニクス|コペルニクス]]、[[ヨハネス・ケプラー|ケプラー]]といった自然哲学者の著書を好んで学んだ。例えば、数学分野では、エウクレイデスの『[[原論]]』、[[デカルト]]の『幾何学』ラテン語版第二版、[[ウィリアム・オートレッド]]の''Clavis Mathematicae''(『数学の鍵』)、[[ジョン・ウォリス]]の『無限算術』などであり、[[自然哲学]]分野ではケプラーの''Dioptrice''(『屈折光学』)、[[ウォルター・チャールトン]]([[:en:Walter Charleton|Walter Charleton]])の[[原子論]]哲学の入門書などを読んだのである。