「ジョルジオ・アルマーニ」の版間の差分

テンプレート、本文改変
(企業としての慈善活動をアルマーニへ一部転記)
(テンプレート、本文改変)
{{otheruses|ブランドの創業者|企業およびブランド|アルマーニ|化粧品ブランド|ジョルジオ アルマーニ コスメティックス}}
{{存命人物の出典明記|date=2012年1月16日 (月) 14:13 (UTC)}}
{{雑多な内容の箇条書き|date=2012年1月16日 (月) 14:13 (UTC)}}
{{otheruses|ブランドの創業者|企業およびブランド|アルマーニ|化粧品ブランド|ジョルジオ アルマーニ コスメティックス}}
{{Infobox 人物芸術家
|氏名 name = ジョルジオ・アルマーニ<br>{{lang|it|Giorgio Armani}}
|画像 image = GiorgioArmani.jpg
|画像サイズ=220px
| imagesize = 220px
|画像説明=[[モスクワ]]にて撮影
| alt =
|生年月日= 1934年7月11日
|画像説明 caption = [[モスクワ]]にて撮影(2009年)
|生誕地= {{ITA}}、[[ピアチェンツァ]]
| birthname =
|没年月日=
| birthdate = {{生年月日と年齢|1934|7|11}}
|死没地=
|生誕地 location = {{ITAITA1861}}、[[ピアチェンツァ]]
|職業= [[ファッションデザイナー]]
| deathdate =
|配偶者=
| deathplace =
| nationality = {{ITA}}
|職業= field =[[ファッションデザイナー]]
| years active =
| training = [[ミラノ大学]]中退
| movement =
| works =
| patrons =
| influenced by =
| influenced =
| awards =
| elected =
*| website = [http://www.giorgioarmani.com/ ''Giorgio Armani'']
}}
{{Commonscat|Giorgio Armani}}
'''ジョルジオ・アルマーニ'''({{lang-it-short|Giorgio Armani}}, [[1934年]][[7月11日]] - )は、[[イタリア]]の[[ファッションデザイナー]]である。自身が創立した[[ファッション]][[ブランド]]・[[アルマーニ]](''{{lang|it|GIORGIO ARMANI S.p.A.}}'')を展開している。
 
== 人物 ==
イタリアを代表するファッションデザイナーの1人で、[[ミラノ]]を基盤にコレクションを持つ[[ジャンフランコ・フェレ|ジャンフランコ・フェッレ]] ({{lang-|it-short|Gianfranco Ferré}}) と[[ジャンニ・ヴェルサーチ|ジャンニ・ヴェルサーチ]] ({{lang-|it-short|Gianni Versace}}) と共に、「ミラノの'''3G'''」として世界中にその名をとどろかせている。
 
=== 略歴 ===
* [[1934年]][[7月11日]] - [[イタリア]]、[[ピアチェンツァ]]で午前7時20分に生まれる。
*: [[ミラノ大学]]医学部在籍中に兵役に召集され、そのまま大学は中退する
* [[1957年]] - [[1964年]] - ミラノの百貨店「ラ・リナシェンテ」の[[バイヤー]]を務める。
* [[1964年]] - [[セルッティ]]社のメンズウェア「ヒットマン」のデザイナーと製品開発係を兼任。
* [[1975年]] - アルマーニが41歳のとき、[[セルジオ・ガレオッティ]]と共に自らの会社を設立し、自社商品(メインブランド)を発表。
::''以後の企業活動は「[[アルマーニ]]」を参照。
 
* [[1986年]] - [[マーティン・スコセッシ]]監督を起用し、[[エンポリオ・アルマーニ]]のTV用のCFを初めて製作した。
* [[1987年]] - [[ケビン・コスナー]]主演の『[[アンタッチャブル (映画)|アンタッチャブル]]』の衣装を担当。
* [[1990年]] - 友人の[[マーティン・スコセッシ]]監督アルマーニ自身を描いた26分のドキュメンタリー「{{lang|en|Made in Milan}}」を製作した。
* [[1992年]] - ジョルジオ・アルマーニのレディスフレグランス「[[ジオ]]」のキャンペーンに、[[デヴィッド・リンチ]]監督の製作したTVスポットが流され、話題となった。[[ララ・ハリス]]扮するジオという名の女性がパーティに到着するが、多くのキャメラマンが待ち構えていたため、クラブへ逃げ込むというストーリーで、モノクロのセンスある画面が印象的と評されている。
* [[2000年]] - [[ジュリアン・オーザンヌ]]監督を起用し、イギリス・イタリア英伊合作で、アルマーニ自身を描いた79分のドキュメンタリー「{{lang|en|giorgio armani : a man for all seasons}}」を製作した。同作品は、[[2003年]]に[[六本木ヒルズ#TOHOシネマズ 六本木ヒルズ|ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ]]のオープニング作品として、劇場公開された。
 
== 書籍 ==
* [[2007年]] - 「ジョルジオ・アルマーニ 帝王の美学」が、アルマーニ初の評伝として、秘蔵写真220点以上が収録され、[[日本経済新聞]]出版社から創た『ジョルジオ・アルマーニ 帝王の美学』(邦題)がされている。著者は、「[[コンデナストパブリケーションズ|コンデナストグループ]]の各誌(『[[ヴォーグ (雑誌)|ヴォーグ]]』イタリア版、ウオモ・ヴォーグカーザ・ヴォーグ[[GQ (雑誌)|GQ]])で記事を執筆している[[レナータ・モルホ]]。日本語翻訳[[目時能理子]]と[[関口英子]]が翻訳を担当し、[[日本経済新聞出版社]]から刊行されている
 
=== 音楽(CD) ===
* EMPORIO ARMANI CAFFE 5(2枚組)2010年発売
 
=== 記録 ===
* [[1982年]]
* [[1997年]] -「1998春夏コレクション」
* [[2005年]] - アルマーニ創立30周年記念として、六本木ヒルズ・森美術館にて大回顧展「ジョルジオ・アルマーニ展」
* [[2007年]] -「アルマーニ/銀座タワー」オープン記念
 
== 企業としてのジョルジオ・アルマーニ ==
{{main|アルマーニ}}
 
== エピソード ==
* トレードマークは紺の半袖Tシャツに黒のズボン。
* 大の映画好きで、映画監督の[[マーティン・スコセッシ]]とは友人関係にある。
* モード界の帝王と呼ばれ、[[完璧主義]]者である。完璧主義であるがゆえ、中途半端な外国語は話さない{{要出典|date=2013年3月}}。
* 2005年の日時に「引退後の後継者は」と質問され、「私が70歳のおじいちゃんに見えますか」と軽くあしらった。2007年に[[銀座]]に出店した際の『[[NEWS ZERO]]』でのインタビューでは、「おそらく、個人ではなく経営陣になるだろう」と答えている。
* 前記したように、アルマーニを題材にした映画には{{lang|en|Giorgio Armani:A Man For All Seasons}}」(2000年)、ショートフィルム「{{lang|en|Made in Milan}}」(1990年)がある。
* アルマーニを尊敬しているファッションデザイナーには、[[ナルシソ・ロドリゲス]]、[[ダナ・キャラン]]、[[ダイアン・フォン・ファステンバーグ]]等がる{{要出典|date=2013年3月}}。
* 映画『[[アメリカン・ジゴロ]]』で[[リチャード・ギア]]の衣装を担当し、これをきっかけにハリウッドで一躍有名となった。顧客リストには、[[レオナルド・ディカプリオ]]、[[ジョージ・クルーニー]]、[[ジョン・トラボルタ]]、[[クライヴ・オーウェン]]、[[ソフィア・ローレン]]、[[ジョディ・フォスター]]、[[シャロン・ストーン]]の[[ハリウッド]]のセレブリティ達が名を連ねている。2006年、イタリアで挙式を挙げた[[トム・クルーズ]]と[[ケイティ・ホームズ]]のウェディングドレスもアルマーニがデザインした。
* 20世紀で最も成功したデザイナーであり、雑誌[[フォーブス (雑誌)|フォーブス]]の[[世界長者番付]]においても、常にランクインされている。
* 出身地にあを本拠地とするサッカークラブである[[ピアチェンツァ・カルチョ]]の熱心なサポーターであり過去には同クラブのユニフォームデザインも手がけた。また同クラブの選手支給スーツもアルマーニ社の製品である
* 過去にミラノの自宅で、テレビの企画で[[中田英寿]]と対談をしたことがある。
 
== 関連項目 ==
* [[アルマーニ]]
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat|Giorgio Armani}}
* [http://www.giorgioarmani.com/ ''Giorgio Armani'']
 
{{DEFAULTSORT:あるまに しよるしお}}