「黒田洋介」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 人物 ==
半年2クールずつ、2シーズンに分けて制作放映された『機動戦士ガンダム00』の脚本を、黒田が一人で執筆した理由は、「[[大河ドラマ]]形式の作品ならばひとりで書いたほうがいいだろうと思ったから」とのことである<ref>角川書店『機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 4years after』(2008)でのコメント。</ref>。分割放送が決まった時は、絶対に視聴者にマイナスに受け取られると思い、監督の[[水島精二]]に泣きながら電話をするほど嘆いたという{{要出典|date=2011<ref>ニュータイプ『機動戦士ガンダム00 MISSION COMPLETE 2307-11}}。2312』</ref>
 
絵心もあり、[[メディアワークス]]刊の『[[To Heart]] Visual Fun BooK』に、当該作品の登場人物である[[To Heart#登場キャラクター|保科智子]]の[[イラスト]]を寄稿している。
匿名利用者