「通信線路」の版間の差分

(→‎使用される伝送路とその歴史: 無装荷ケーブルの話だけ前後に比べて詳しくなり過ぎるので松前重義#無装荷ケーブルに移動)
適当な[[絶縁体|絶縁]]被覆が無かった時代には、碍子引きの裸[[電線]]が[[伝送路]]として使用されていた。後に絶縁電線が碍子引きで使用されるようになった。
 
ただの電線ではその間のキャパシタンスが、長距離では無視できないものになった。これを補正するインダクタンス([[:{{仮リンク|装荷コイル|en:|loading coil]]}})を伝送線路に付加することを[[オリヴァー・ヘヴィサイド]]が提案した。そのようなインダクタンスを付加したケーブルを指して「装荷ケーブル」と言った。これにより通信距離が伸びた。
 
装荷ケーブルは、しかし、伝送帯域が狭く、遅延時間が大きく、信号の反射があり、信号が歪むものであった。1932年3月の[[松前重義]]による『無装荷ケーブルを使用する提案』により、無装荷ケーブルによる長距離伝送の可能性が示された([[松前重義#無装荷ケーブル]]を参照)。