「松山インターチェンジ (愛媛県)」の版間の差分

出典に基づいて松山外環状道路との接続にについて改稿。ガイドブック的な周辺施設案内を大幅除去。
({{半保護}})
(出典に基づいて松山外環状道路との接続にについて改稿。ガイドブック的な周辺施設案内を大幅除去。)
{{半保護}}
{{高速道路施設
|施設名 = 松山インターチェンジ<br />松山ジャンクション
|画像ファイル =
|画像説明 =
|次の施設1 = [[伊予灘サービスエリア|伊予灘SA]]
|距離B1 = 3.6
*|道路名2 = [[松山外環状道路]]
|起点2 = 北土居町
|距離2 = 0.5
|前の施設2 = ''井門IC''(予定)
|距離A2 = ?.?
|次の施設2 = ''古川IC''(予定)
|距離B2 = 0.7
|一般道 = [[国道33号]]
|供用開始日 = [[1997年]][[2月26日]](松山IC)<br />[[2013年|2013年度]](予定)(松山JCT)
|通行台数 = x台/日
|郵便番号 = 791-1105
|備考 =
}}
'''松山インターチェンジ'''(まつやまインターチェンジ)は[[愛媛県]][[松山市]]井門町にある[[松山自動車道]]の[[インターチェンジ]]である。[[松山外環状道路]]の'''松山ジャンクション'''が併設される予定であり(2013年度供用開始予定)、本項であわせて説明する
 
[[西日本高速道路四国支社]]愛媛高速道路事務所が併設されている。
 
== 道路概要 ==
[[愛媛県]]の[[県庁所在地]]である[[松山市]]の中心部に最も近いインターチェンジである。松山自動車道は本ICを境に、高松方面は4車線、宇和島方面は[[暫定2車線]]である。2013年11月現在、松山ICは[[国道33号]][[松山南道路]]に接続している。
* [[松山自動車道]](13番)
* [[松山外環状道路]]
** [[国道33号]]
** (近くに[[国道379号]])
 
松山ICと[[松山空港]]、[[松山港]]の間のアクセス改善等を目的とする[[松山外環状道路]]が建設中であり、2013年度中に予定されている北土居町 - 古川IC間の[[自動車専用道路]](1.2km)の開通<ref>{{PDFlink|[http://www.mlit.go.jp/road/kaitsu/pdf/skk.pdf 道路開通情報]}}(国土交通省道路局、2013年11月8日閲覧)</ref>に伴い、松山自動車道・松山ICと松山外環状道路・古川IC方面とを接続する松山ジャンクションが供用開始予定である<ref>{{PDFlink|[http://www.skr.mlit.go.jp/matsuyam/pres/pres2013/pres/131002sotokanmeisyou.pdf 一般国道33号松山外環状道路インター線のIC・JCT名称が決定!]}}(国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所2013年10月2日発表、同年11月8日閲覧)</ref>。松山JCTは、第1層が松山外環状道路一般部、第2層が同自動車専用部本線および松山ICから古川IC方面に向かうランプ、第3層が古川IC方面から松山ICに向かうランプ、という3層構造となる<ref>{{PDFlink|[http://www.pa.skr.mlit.go.jp/tkgityou/kouhou/gihou201301.pdf 「松山外環状道路について」]}}『四国技報』第12巻24号(四国地方整備局四国技術事務所、2013年1月)</ref>。
== 周辺 ==
* [[南海放送サンパーク]]
* [[松山南警察署]]
* [[乙井橋バスストップ]](松山インター口BS)路線バスおよび、各方面の[[高速バス]]が発着するターミナル。
 
特にR33国道33号の天山交差点-松山ICは慢性的に混雑しており、いることつて高速道路ら、ETC搭載車の休日上限料金を1000円とする[[ETC割引制度#休日特別割引|特別割引]](いわゆる「1000円高速」)が実施していされころ際に香川高松方面への利用者に[[川内インターチェンジ|川内IC]]の利用もお願いを促る旨の垂れ幕が[[松山環状線]]などの歩道橋に張られることが間々あっていた。また、小坂交差点(R11)([[国道11号]])の高架にも両ICの案内がある。
=== 観光地 ===
* [[伊予豆比古命神社]](椿神社)
* 愛媛県立[[とべ動物園]]
* 愛媛県立[[えひめこどもの城]]
* [[杖ノ淵公園]]
 
=== ショッピング沿革 ===
* [[1997年]][[2月26日]] : [[松山自動車道]][[川内インターチェンジ|川内IC]]-[[伊予インターチェンジ|伊予IC]]間開通に伴い松山ICの供用を開始
* [[ヤマダ電機]]松山本店([[国道33号]]へ出て右折(高知方面)してすぐ)
* [[イオン松山店]](国道33号へ出て左折(市内方面)2km:天山交差点北東部)
* [[コジマ]]NEW松山店(国道33号へ出て左折(市内方面)1km)
 
=== 観光地予定 ===
; 駐車場について
* [[2013年|2013年度]] : [[松山外環状道路]]北土居町 - 古川IC間開通に伴い松山JCTの供用を開始
: 幹線道路には、駐車場の混み具合を示す略地図付き'''電光案内表示板'''が設置されているが、今{{いつ|date=2013年6月}}はすべて「調整中」の状態であり、情報提供はなされていない。2007年の廃止決定後に完全撤去される。県民や市民からは「分かりづらい」と評判が悪かった。
 
== 接続する道路 ==
*; [[松山自動車道]](13番)・松山IC
* 直接接続
** [[国道33号]]・[[愛媛県道190号久米垣生線]] [[松山外環状道路]]一般道路部<ref group="注釈">松山IC料金所から北に進み東西方向の松山外環状道路一般道路部との丁字路の交差点までが松山ICの取り付け道路であり、松山外環状道路一般道路部のうち丁字路の東側が国道33号、西側が愛媛県道190号久米垣生線に指定されている。</ref><ref>{{PDFlink|[http://www.pref.ehime.jp/h40400/5744/district/documents/sotokannjyoudouro.pdf 松山外環状道路(インター線・空港線)パンフレット]}}(松山河川国道事務所・愛媛県・松山市2011年3月発行、2013年11月8日閲覧)</ref><ref>[http://www.pref.ehime.jp/chu52145/tokutei/sotokan/inter_kaitsuu2.html 松山外環状道路「インター線」側道の供用を開始しました](愛媛県中予地方局2013年7月3日更新、2013年11月8日閲覧)</ref>
** 国道33号 松山環状道路自動車専用道路部(古川IC方面のみ)(2013年度供用開始予定)
* 間接接続
** [[国道33号 [[松山南道路]]
; 松山外環状道路・松山JCT
* 松山自動車道・松山IC(2013年度供用開始予定)
 
== 周辺 ==
* [[南海放送サンパーク]]
* [[松山南警察署]]
* [[乙井橋バスストップ]](松山インター口BS)路線バスおよび、各方面の[[高速バス]]が発着するターミナル。
* [[伊豆比古命神社]](椿神社)
 
== 隣 ==
; [[松山自動車道]]
: (12) [[川内インターチェンジ|川内IC]] - '''(13)松山IC''' - [[伊予灘サービスエリア|伊予灘SA]] - (14)[[伊予インターチェンジ|伊予IC]]
; [[松山外環状道路]]
'''R33の混雑と川内IC利用のお願い'''<br>
: ''井門IC''(事業中) - '''松山JCT'''(事業中) - ''古川IC''(事業中)
特にR33の天山交差点-松山ICは慢性的に混雑しており、かつて高速道路1000円制度を実施していたころは香川方面への利用者に川内ICの利用もお願いする旨の垂れ幕が[[松山環状線]]などの歩道橋に張られることが間々あった。また、小坂交差点(R11)の高架にも両ICの案内がある。
 
== 脚注 ==
=== 注釈 ===
{{Reflist|group="注釈"}}
 
=== 出典 ===
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==