「酒匂 (軽巡洋艦)」の版間の差分

編集の要約なし
|搭載機||2機(射出機1基)
|}
'''酒匂'''(さかわ)は、[[太平洋戦争]]中に建造された[[大日本帝国海軍|日本海軍]]の[[軽巡洋艦]]で、[[阿賀野型軽巡洋艦|阿賀野型]]の4番艦。名前は静岡県および神奈川県を流れる二級河[[酒匂]]からとられている。戦争末期に竣工したため、作戦参加の機会もなく太平洋戦争終戦時は最後の水雷戦隊旗艦として[[舞鶴市|舞鶴]]にて無傷で残存していた。終戦後は復員船として活動した。
 
==艦歴==
匿名利用者