「摩阿姫」の版間の差分

編集の要約なし
(わたしの「息子」、あなたの「子息」、誰かの「子」)
'''摩阿姫'''(まあひめ、[[元亀]]3年([[1572年]]) - [[慶長]]10年[[10月13日 (旧暦)|10月13日]] ([[1605年]][[11月23日]]))は、[[安土桃山時代]]から[[江戸時代]]初期の女性。[[前田利家]]の三女、母は[[芳春院|まつ([[芳春院]]と伝わるが、側室の子ともいわれている。初め[[豊臣秀吉]]の側室になり、秀吉の死[[万里小路充房]]に嫁ぐの側室となる。名は摩阿・麻阿とも別名通称は'''加賀殿'''(かがどの)
 
== 生涯来歴 ==
摩阿は[[天正]]10年([[1582(1582]])に[[柴田勝家]]の家臣[[佐久間十蔵]]と婚約し、[[北ノ庄城]]に入る。ところが、天正11([[1583年]])の[[賤ヶ岳の戦い]]で柴田勝家は秀吉に敗れ、十蔵も自害してしまう。摩阿は城外に脱出し、[[前田家]]に戻った。
 
天正13年([[1585(1585]])に秀吉の側室になり「加賀殿」と呼ばれるようになる。しかし、彼女は体が弱く、実家の前田邸で過ごすことが多かったという。[[慶長]]3年([[1598(1598]])の3)3月に秀吉が催した[[醍醐の花見]]に、秀吉の正室や他の側室達と共に出席する。このとき、では5番目の輿に乗っていたとされる。その時に名が見え、一首「あかず見む幾春ごとに咲きそふる  深雪の山の花のさかりを」と和歌を詠んでいる。この後、彼女は病気を理由に秀吉の側室もとを辞したが、その秀吉も間もなく薨去した。
 
その後は[[公家]]の[[権大納言万里小路充房]]元に嫁ぐ。側室となって[[前田利忠]]を産むが、のち充房とは故あってた。その後は利忠を連れて[[金沢]]に出戻った。帰り、慶長10年([[1605(1605]])の10)10月13日に死去した。墓所は[[京都市]][[北区 (京都市)|京都市北区]] [[大徳寺]] [[芳春院 (京都市)|芳春院]]。子の利忠は[[加賀藩]]に仕えた。
 
== 登場作品 ==