「由良国繁」の版間の差分

編集の要約なし
[[天正]]6年([[1578年]])の父の死の前後くらいから家督を継ぎ、[[横瀬氏|由良氏]]の第9代当主となった。同年、[[御館の乱]]により[[北条氏政]]と[[武田勝頼]]が敵対すると、[[佐竹氏]]、[[里見氏]]なども[[武田氏]]と同盟を結び、上州はその主戦場となった。由良氏は父・成繁の代に[[上杉氏]]から[[後北条氏]]に転じており、国繁と弟・長尾顕長は北条氏と誼を通じていたが、天正7年([[1579年]])11月には佐竹方とも連絡をとり<ref>紀伊国藩中古文書十二</ref>、北条氏政に北条家滅亡を危惧させた<ref>木村孫平氏所蔵文書</ref>。しかし、国繁らは最終的には北条方に留まり、天正8年([[1580年]])9月には武田勢、佐竹勢から攻撃を受けた<ref>上杉家文書</ref>。
 
天正10年([[1582年]])、甲斐武田氏が[[織田氏]]に滅ぼされると国繁兄弟は、他の上野国衆と同様に[[織田信長]]の重臣・[[滝川一益]]に仕えたが、同年[[本能寺の変]]で信長が横死すると、北条方へ転じ6月20日の[[神流川の戦い]]では滝川方として戦ったが<ref>神流川合戦記</ref>、これに滝川一益が敗北する敵対し、北条方へ転じた<ref>松平義行氏所蔵文書六月二十二日「由良長尾向此口手切働可成之由」</ref>。
 
天正11年([[1583年]])9月、北条氏が離反した[[北条高広]]が篭る[[厩橋城]]を攻め落とすと、国繁兄弟は祝辞のために厩橋城の[[北条氏直]]に出仕した。その際に氏直は佐竹氏を攻めるため、[[新田金山城|金山城]]と[[館林城]]の借用を申し出、兄弟はこれを承知したが、これに反発した家臣は国繁らの母・妙印尼を擁立して籠城したため、兄弟は[[小田原城]]に幽閉されてしまう<ref>石川忠総留書</ref>。篭城勢は[[佐竹義重 (十八代当主)|佐竹義重]]、[[佐野宗綱]]と結び、北条方であった[[小泉城]]の[[富岡秀長]]を攻め立てるが、同年冬の北条方の攻勢により落城した。
430

回編集