「魁将龍邦昭」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集
[[1995年]]3月場所、本名'''西野'''の[[四股名]]で初土俵。[[2002年]]に弟が死去、傷心を力に変え[[2003年]]11月場所から連続して勝ち越し、2004年7月場所は自己最高位の西幕下6枚目まで番付を上げた。雑誌『相撲』5月号の「大銀杏が待っている」で紹介されるなど十両が目前だったがあと一歩が届かず、2場所連続で3勝4敗。11月場所の7番相撲で膝を大怪我し、医者に「手術しなければ日常生活が送れなくなる」と言われ手術、[[三段目]]まで番付を落とした。
 
[[2006年]]1月場所では取組中に左手親指を骨折し手術を受けた。同年7月場所では三段目4枚目で初めて7戦全勝の成績を挙げ、優勝決定戦では敗れたものの翌9月場所では久々に幕下上位に復帰、しかし2勝5敗と負け越した。また歩行障害に悩まされていることもあり、その原因としては自らの長身を持て余す相撲が目立つためと言われていた。関取に昇進することはできず、2010年3月場所限りで現役引退した。引退後は現友綱部屋のおかみさんが経営している旧友綱部屋の一部を改装したちゃんこ鍋料理店、「ちゃんこ魁」を経営していで料理の勉強中である。
 
==主な成績==
3

回編集