「なぎなた」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 団体 ==
[[ファイル:Naginata 01.jpg|right|thumb|170px|<center>薙刀試合用なぎなた上段に構える[[師範]]の女性</center>]]
 
; [[全日本なぎなた連盟]]
 
==服装・用具==
[[薙刀]]の[[木刀]]及びを模した、[[竹刀]]に似た'''なぎなた'''('''試合用なぎなた'''と呼ぶ)、または薙刀の[[木刀]]を使う。
 
白の稽古着に黒もしくは紺色の馬乗袴を着用することが決められている。[[袴]]の形状は剣道のものと大きく異なっている。上級者は黒地に白紋付きの上衣を着用することがある。
 
稽古着の袖口は相手のなぎなたが入らないように、腕との隙間が広すぎないものがよいとされる。古流の[[天道流]]は袖口にゴムが入り、[[直心影流]]はゴムなしの稽古着を使用するといわれる。
 
[[防具 (剣道)|防具]]は[[剣道]]の防具に似ているが、面垂れが剣道のものと比べやや短い。また小手の形状も異なり、両下腿に脛当てを当てる。
 
:仕掛け応じは2段技・3段技などの連続技、体捌き、払いや巻き落としなどの基本的な技法が盛り込まれており、繰り返し稽古をすることで正しい所作を習得する。
 
==稽古方法==
===一人稽古===
:一人でなぎなたの操作方法や体捌きを練習すること。多くの場合[[姿見]]などに全身を写し、刃筋や姿勢が正しいか確認しながら行われる。
 
===一対多数稽古===
:なぎなた独特の稽古。前に立つ指揮者の号令に合わせて体捌きや打突を行う。稽古前後のウォーミングアップやクーリングダウンとして行われる。
 
===相対稽古===
:2人1組となって行う稽古。上述した打ち返しや仕掛け応じを行う。
 
===防具稽古===
:防具を着用した2人1組で行う。打ち返しなどの基本から[[地稽古]]、試合稽古といった実践的な稽古まで行う。
 
== 競技 ==
 
::'''有効打突'''
:::面、小手、胴は物打ちでの打突のみが有効打突とされるが、脛は物打ちの他、柄での打突も有効とされる。<br />
:::咽喉は切先での突きのみが有効となる。いずれの打突も気剣体一致の打突であり、残心がなければ有効とはならない。<br />
:::高校生以下の試合競技においては柄脛や突き技は禁止とされている。
 
===演技競技===
合計八本ある演技の型を二人一組、しかけと応じで行う。<br />
33

回編集