「なぎなた」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 団体 ==
[[ファイル:Naginata 01.jpg|right|thumb|170px|<center>試合競技用なぎなたを上段に構える[[師範]]の女性</center>]]
 
; [[全日本なぎなた連盟]]
 
==服装・用具==
[[薙刀]]を模した、[[竹刀]]に似た'''なぎなた'''('''試合競技用なぎなた'''と呼ぶ)、または薙刀の[[木刀]]を使う。
 
白の稽古着に黒もしくは紺色の馬乗袴を着用することが決められている。[[袴]]の形状は剣道のものと大きく異なっている。上級者は黒地に白紋付きの上衣を着用することがある。
 
===体捌き===
:'''送り足''''''歩み足''''''開き足''''''踏みかえ足''''''継ぎ足'''などの歩法として指導される。
 
===打突部位===
:''''''(正面・側面)、'''小手''''''''''''''''''咽喉'''(突き)の5か所。
:形として胴への突き技があるが、試合競技においては禁止されている。<br />
 
===打突法===
:面・小手・脛を打突する方法として、'''振り上げ''''''持ち替え''''''振り返し'''の方法がある。
:突き方としては'''直突''''''繰り込み突き'''がある。
 
===振り方===
:'''上下振り''''''横振り''''''斜め振り''''''振り返し'''がある。
:それらを連続して振ることを'''八方振り'''といい、上下振り、斜め振り(上から)、横振り、斜め振り(下から)を8呼間の場合、各4回ずつ行う。
 
===打ち返し===
:防具を着用した2人1組で行う。打ち返しなどの基本から[[地稽古]]、試合稽古といった実践的な稽古まで行う。
 
===その他===
:もともと古流を稽古していた指導者も多く、その流派独特の稽古方法や型稽古を取り入れている場合も少なくない。
== 競技 ==
[[File:56th Japanese wemen's championship of Naginata, -4 Dec. 2011 a.ogv|thumb|300px|第56回全日本薙刀選手権大会の動画]]
33

回編集