「逆格子空間」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
光やX線の散乱は固体の結晶面の間隔と[[ブラッグの法則]]で決まるが、逆格子空間を使うと便利なことがある。たとえば逆格子点の位置に光の強め合うスポットができるなど。
 
また[[固体]]中の電子の動きを見る場合、重要なのは位置よりも運動量の二乗に比例する[[エネルギー]]であるため、[[固体物理学]]での逆格子空間の用途は広い。
 
結晶では原子の周期的配列による並進対称性のため、一電子の固有関数([[ブロッホ関数]])、結晶格子の[[基準振動]]、そのほかの集団運動の[[モード]]などが全て、波数で指定される[[平面波]]<math>e^{i\bold{k}\cdot \bold{r}}</math>に似た形を持ち、対応するエネルギーまたは振動数も波数についての関数であるため、波数空間は特に重要な意味を持つ。
[[バンド理論]]では、[[ポテンシャル]]の周期性の影響を調べるのに逆格子空間を用いると便利である。
 
匿名利用者