メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
|所属球団 =
|背番号 =
|国籍 = {{JPN}}
|選手写真ファイル名 =
|出身地 = {{JPN}} [[大阪府]]
|写真のコメント =
|国籍 =
|出身地 = {{JPN}} [[大阪府]]
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1954|8|26}}
|没年月日 =
|プロ入り年度 = {{NPBドラフト|1976}}
|ドラフト順位 = ドラフト1位
|初出場 = 1977年6月8日
|最終出場 = 1985年10月24日
|獲得タイトル経歴 = =
* [[履正社学園豊中中学校・履正社高等学校|大阪福島商業高等学校]]
|年俸 =
|経歴 = <nowiki></nowiki>
* [[履正社高等学校|大阪福島商業高等学校]]
* [[帝京大学硬式野球部|帝京大学]]
* [[阪神タイガース]] (1977 - 1983, 1985)
|選出国 =
|選出年 =
|得票率 =
|選出方法 =
}}
'''益山 性旭'''(ますやま せいきょく、[[1954年]][[8月26日]] - )は、[[大阪府]]出身の元[[プロ野球選手]]([[投手]])。
 
== 来歴・人物 ==
福島商業高(現・[[履正社学園豊中中学校・履正社高等学校|履正社高]])在学中の[[1972年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1972年のドラフト会議]][[横浜DeNAベイスターズ|大洋ホエールズ]]から[[ドラフト会議|ドラフト]]4位指名されるものの、これを拒否して[[帝京大学]]に進学。ドラフト会議では司会の[[伊東一雄]]が益山の漢字を「'''『性』は[[セックス]]の性'''」と説明し、会場が爆笑の渦に包まれた。首都大学リーグ通算78試合登板、29勝31敗、防御率1.65、450奪三振。
 
[[1976年]]度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1976年のドラフト1位指名会議]]で[[阪神タイガース]]に1位指名され入団。「[[首都大学野球連盟|首都大学野球]]屈指の左腕」というふれこみで入団し、[[オープン戦]]では[[王貞治]]を三振にとるなど期待されたものの、制球難もありプロではわずか11勝にとどまっている。
 
[[1978年]][[7月2日]]の[[広島東洋カープ]]戦で先発し9回1死まであわや[[ノーヒットノーラン]]の投球を見せた。[[高橋慶彦]]にヒットを打たれたものの、プロ初完投勝利を挙げている。
 
[[1984年]]に一度は[[打撃投手]]に転向したものの、左投手が不足していたというチーム事情もあり[[1985年]]に現役復帰し、同年引退。[[2003年]]より[[大阪市|大阪]]・[[十三 (大阪府)|十三]]で焼き鳥屋「本陣」を経営している。
 
== エピソード ==
益山が大洋から4位指名された[[1972年]]の[[ドラフト会議]]の際に、司会の[[伊東一雄|パンチョ伊東]]が益山の漢字を「'''『性』は[[セックス]]の性'''」と説明し、会場が爆笑の渦に包まれたことは有名である。後日伊東は「『性別の性』と言っておけばよかった」と語っており、益山に対して謝罪している。(なお、このエピソードが阪神1位指名時のものとする記述が各所で見られるが誤りである。1位指名ならば、当時でも墨字で名前が掲載されるため、字を説明する必要がないと伊東も語っていた。)
 
== 詳細情報 ==
|-
|style="text-align:center;"|{{by2|1977}}
|rowspan="7" style="text-align: center;"|[[阪神タイガース|阪神]]
|28||6||0||0||0||3||3||0||--||.500||320||77.2||63||13||36||0||0||65||0||0||37||35||4.04||1.27
|-
{{Navboxes|title=ドラフト指名
|list1=
</span>
{{大洋ホエールズ1972年ドラフト指名選手}}
{{阪神タイガース1976年ドラフト指名選手}}
{{大洋ホエールズ1972年ドラフト指名選手}}
}}
 
{{DEFAULTSORT:ますやま せいきよく}}
[[Category:日本の野球選手]]
[[Category:日本帝京大学硬式野球部打撃投手]]
[[Category:阪神タイガース及びその前身球団の選手]]
[[Category:日本の打撃投手]]
[[Category:大阪府出身の人物]]
[[Category:帝京大学硬式野球部の選手]]
[[Category:1954年生]]
[[Category:存命人物]]
159

回編集