「令義解」の版間の差分

編集の要約なし
『'''令義解'''』(りょうのぎげ)とは、[[833年]](天長10年)に[[淳和天皇]]の勅により右大臣[[清原夏野]]を総裁として、文章博士[[菅原清公]]ら12人によって撰集された[[令]]の解説書。全10巻。この書物によって、[[大宝律令|大宝令]]・[[養老律令|養老令]]が伝えられている。
 
同じく養老令の注釈書である『[[令集解]]』([[惟宗直本]]の私撰注釈書)と違って、こちらには法的効力(官撰注釈書)がある。
 
30篇のうち21篇が伝わる。令集解から7篇を抽出でき、残る2篇も近世以来逸文が収集されている。従って、国史大系本も含め、現在手にすることのできる本は、取り集め本であることを認識した上で利用しなければならない。
490

回編集