「ジャネーの法則」の版間の差分

2011年1月9日 (日) 19:00 (UTC)の版に戻す
(2011年1月9日 (日) 19:00 (UTC)の版に戻す)
'''ジャネーの法則'''(ジャネーのほうそく)は、[[19世紀]]の[[フランス]]の[[哲学者]]・[[ポール・ジャネ]]が発案し、甥の[[心理学者]]・[[ピエール・ジャネ]]が著作で紹介した[[法則]]。主観的に記憶される年月の長さです。同じ1年も、年少者にはより長く、年長者にはより短く感じ評価されるという現象を[[心理的・数]]的に解明しました。
 
簡単に言えば[[生涯]]のある時期における[[時間]]の[[心理]]的長さは年齢の[[逆数]]に[[比例]]する(年齢に反比例する)。
例えば、50歳の人にとって1年の長さは人生の50分の1です。5歳の人間にとっては5分の1に相当します。数学的には50歳:5歳=10:1という事になります。よって、50歳の人にとっての10年間は5歳の人にとっての1年間に当たります。同様に50歳の人の10日は5歳の人の1日に当たります。同じ一日が10倍も違うのです。だから、同じ1年も5歳にとっては長く、50歳にとってはアッという間なのです。年々1年が短く感じるのは気のせいではないのです。
 
これで、お年寄りが日向ぼっこしているうちに1年が過ぎる感覚も理解できます。
例えば、50歳の人にとって1年の長さは人生の50分の1ほどす。あるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当します。数学的には50歳:5歳=10:1という事になりま。よって、50歳の人にとっての10年間は5歳の人にとっての1年間に当たります。同様に50、5歳の人101は5が50歳の人110日に当たります。同じ一日が10倍も違うのです。だから、同じ1年も5歳にるこっては長く、50歳とってはアッという間のです。年々1年が短く感じのは気のせいではないのです
 
== 関連項目 ==
*[[時間]]
*[[心理学]]
*[[法則の一覧]]
 
== 外部リンク ==
*[http://yojiseki.exblog.jp/4946359/ ポールとピエール、ジャネの法則の謎]
 
{{Psych-stub}}
{{DEFAULTSORT:しやねえのほうそく}}
[[Category:心理学]]
[[Category:認知バイアス]]
[[Category:人文科学の法則]]
[[Category:時間]]