メインメニューを開く

差分

DOHC

437 バイト除去, 5 年前
[[第二次世界大戦]]後、戦前からDOHCエンジンを積極的に手掛けてきた[[アルファ・ロメオ]]が量産に転じたほか、[[ヨーロッパ]]や[[日本]]の大手自動車メーカーは、従来の量産エンジンを元にヘッド部分をDOHC形に改造した高性能エンジンを開発、スポーツモデルに搭載して市場に送り出した。
 
日本で初めてDOHCエンジンを搭載した市販4輪自動車は、[[1963年]]に発表された[[軽トラック]]の[[ホンダ・T360]]である。T360が[[水冷このDOHCエンジン|水冷]][[直列4気筒|4気筒]]2バルブDOHCは高速走行性能採用し確保する為に搭載されことに特に意味はなくものであり[[本田技研工業|ホンダ]]が手持ちの自動車用エンジンはT360より遅れて開発中であが始まった[[ホンダ・S360|Sシリスポツ360]]のDOHCには同エンジンしかなかっに更にチューンを加えためである。ただし当時の軽自動車は[[2ストローク機関]]のものが多く存在し、そ搭載さに[[4ストローク機関]]でカタログスペック上の馬力で対抗するとう必要性はあっ<ref>同社の後発の軽トラックである[[ホンダ・TN360S360|TN360スポーツ360]]は諸般の事情にび[[ホンダ・アクティ|アクティ]]はSOHC。次いで市販されには至らなかっ軽乗用車[[ホンダ・N360|N360]]の、後は[[空冷排気量を531ccに拡大した同DOHCエンジン|空冷]]を搭載した[[直列2気筒ホンダ・S500|2気筒S500]]SOHC2バルブエンジン採用発売されており、カタログスペック上の馬力ではなく、実用域での馬力重視に転換している。</ref>。その後、同様に2ストローク機関のものが数多く存在する[[オートバイ]]においてDOHCは広く採用されていようになった。日本のオートバイでは[[1965年]]にホンダ・CB450KO、[[1972年]]には[[川崎重工業|カワサキ]]の輸出専用車種[[カワサキ・Z1|Z1 900]]<ref>翌年には排気量を750ccに変更した日本向けモデル[[カワサキ・750RS|750RS(Z2)]]が登場している。</ref>などがDOHCエンジンを搭載した。
 
本来スポーツモデル向けの機構と見なされてきたDOHCであるが、[[トヨタ自動車]]は吸排気効率を高めつつ理想的な燃焼室形状を確保できる自由度の高さに着目し、省燃費化・低公害化の手段として実用車向けの普及型DOHCエンジン([[ハイメカツインカム]])を開発した。[[1986年]][[8月]]以降、同社の[[ガソリンエンジン]]乗用車のほとんどに採用された<ref>[[トヨタ・カムリ|カムリ]]/[[トヨタ・ビスタ|ビスタ]]を皮切りに、[[トヨタ・カローラ|カローラ]]・[[トヨタ・スプリンター|スプリンター]]・[[トヨタ・コロナ|コロナ]] ・[[トヨタ・カリーナ|カリーナ]]・[[トヨタ・マークII|マークII]]・[[トヨタ・クラウン|クラウン]]・[[トヨタ・スターレット|スターレット]]など。[[1994年]]1月以降は[[トヨタ・カローラ|カローラバン]]/[[トヨタ・スプリンター|スプリンターバン]]などの一部のガソリンエンジン商用車に搭載するようになった。</ref>。また、軽自動車の分野では[[2001年]]5月以降には[[スズキ (企業)|スズキ]]の全ての軽自動車が、[[2009年]]9月以降には[[ダイハツ工業|ダイハツ]]の全ての軽自動車が、それぞれDOHCエンジンを搭載するようになった。
10

回編集