「ミュート (ギター)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 12 件をウィキデータ上の d:q1471452 に転記)
編集の要約なし
 
音を出す前に[[駒 (弦楽器)|ブリッジ]]より少し[[ネック]]側付近の弦の上に、右手側面を乗せるように触れて出音を抑える。なお、完全に音が消えない程度に触れるのがコツである。原理としては、弦振動が抑えられるために低音が強調される。
 
== カッティング ==
[[和製英語]]。ストローク直後に右手側面でミュートする動作を繰り返し、歯切れの良いサウンドを出す演奏技法。「ジャッ、ジャッ」というようなサウンドとなる。ミュート動作が遅いと奇麗な音が出ない。
 
== ブラッシング ==
ミュートした音を弾く演奏技法。音程感のまったく無いパーカッシブな音を得られる。
 
== カッティング ==
[[和製英語]]。実音とブラッシング、そして休符を織り交ぜ歯切れの良いサウンドでリズムを生み出す演奏技法。
 
== 余弦のミュート ==
44

回編集