「エ・テメン・アン・キ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''エ・テメン・アン・キ'''([[シュメール語]]:'''É.TEMEN.AN.KI'''、'''Etemenanki''')(「天と地の基礎となる建物」という意味)は、[[メソポタミア]]文明の中でも最古の文化を築いたと言われる[[シュメール]]人が建設を開始し、工事が中断していた物を、[[紀元前7世紀]]の[[新バビロニア|新バビロニア王国]]時代に、[[ナボポラッサル]]王が再建に着手し、[[ネブカドネザル2世]]王の時に完成した、[[バビロン]]の[[マルドゥク]][[神殿]]の中心部に築かれた[[ジッグラト]](聖塔)のこと。
 
底面約91m×約91m、高さ約90mの7建てであり、各層が曜日を表し、1階が土星、2階が木星、3階が火星、4階が太陽、5階が金星、6階が水星、7階が月であった。現在は遺構がわずかに残るのみである。
 
現代の学者(Stephen L. Harris、[[カリフォルニア州立大学]]サクラメント校)などによれば、[[旧約聖書]]「[[創世記]]」の[[バベルの塔]]の[[挿話]]は、[[バビロン捕囚]]時代に、エテメンアンキに影響されたと考えられている。