「アフォンソ2世 (ポルトガル王)」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:AfonsoII-P.jpg|right|180px]]
'''アフォンソ2世'''({{lang|pt|Afonso II}}、[[1185年]][[4月23日]] - [[1223年]][[3月25日]])は第3代[[ポルトガル王国|ポルトガル]][[ポルトガル君主一覧|王]](在位:1211年 - 1223年)。[[サンシュ1世 (ポルトガル王)|サンシュ1世]]と王妃[[ドゥルセ・ベレンゲル・デ・バルセロナ]]の子。「肥満王」(Gordo)と仇名される<ref name="bri">Alphonso(1911 Encyclopædia Britannica)</ref>。歴代ポルトガル王の中で初めて国内の高位聖職者・貴族の弱体化を図った人物である<ref name="goda">合田昌史「ポルトガルの誕生」『スペイン・ポルトガル史』収録(立石博高編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2000年6月)、365頁</ref>。
 
== 生涯 ==
アフォンソは聖職者の権力を削ぎ、彼らが得る莫大な収入の一部を徴収しようと試みた<ref name="bri"/>。土地から多くの収入を得ている教会に対し、宗教団体による土地の購入を禁止した。しかし、個人の聖職者による土地の購入は認められており、政策は成功とは言えなかった<ref name="maru53">マルケス『ポルトガル1』、53頁</ref>。
 
土地を所有する貴族に対して、土地の登記尚書と王から与えられた特権を示し、国璽尚書院で確認を行うように命じた<ref name="maru53"/>。[[1220年]]に王領検察制(インキリサン)を実施、土地を巡る紛争の多いミーニョ地方における国王特権を調査した。加えて1216年以降に相続領地確認の安堵を王に申請させる(コンフィルマサン)も行われており<ref name="goda"/>、アフォンソの治世ではインキリサンと合わせた国内の検地が行われた<ref>マルケス『ポルトガル1』、81頁</ref>。しかし、アフォンソの死と若いサンショの即位によってインキリサンは中断される<ref name="maru53"/>。
 
== 家族 ==