「グロープラグ」の版間の差分

点火プラグへ一部転記
(一部転記の提案)
(点火プラグへ一部転記)
{{一部転記Otheruses|圧縮着式内燃機関の予熱プラグ|グローエンジンの点火プラグ|date=2013年11月点火プラグ}}
[[Image:Glow plug.JPG|thumb|right|300px|グロープラグ]]
[[圧縮着火内燃機関]]において'''グロープラグ'''とは、内燃機関にお冷間時の始動を助ける補助熱源である。'''予熱プラグ'''とも呼ばれる。
#[[グローエンジン]]における点火プラグ。
#[[ディーゼルエンジン]]のような、点火プラグを持たない内燃機関における、冷間時の[[セルモーター|始動]]を助ける補助熱源。予熱プラグ。
(注意。[[点火プラグ]]の記事では「火花プラグ(英: spark plug)」について説明している)
 
== 点火プラグ概要 ==
[[ディーゼルエンジン]]のような[[圧縮着火内燃機関]]は、[[吸気|吸入した空気]]を高い[[圧縮比]]で高温にすることで[[燃料]]の自己[[着火]]を可能にしており、着火のための[[電装]]品が不要であることも長所のひとつとなっているが、[[シリンダーヘッド]]や[[シリンダーブロック]]が冷え切った冷間時には、短時間の[[セルモーター|クランキング]](数回の圧縮)では[[燃焼室]]の壁面温度が上がらず、始動不良を起こし、始動直後も[[失火]]しやすい。このため、燃焼室内に補助熱源として予熱プラグが備えられる。
[[グローエンジン]]において、エンジンの[[燃焼]]熱を利用して自らの点火部分(コイル状または棒状の蓄熱部分=点火部分)の赤熱状態を保つプラグである。
 
始動時には電気を流して、内蔵された[[抵抗]]体(コイルや棒)を[[ジュール熱]]により赤熱させ、[[燃料]]に点火し始動する。一度始動すると、燃焼による熱でさらに赤熱し、以降の燃焼の火種となる。
 
この方式の特徴として、[[マグネトー]]、[[点火コイル]]、[[ディストリビューター]]などを用いた複雑な点火[[回路]]や、[[点火時期]]の調整が不要で、エンジンの回転が上がればそれにつれてプラグの赤熱度も行進し、点火時期を早める自己調節機能を持つ。一般的には、点火部分の材質は[[ニクロム]]か[[白金]]が使用される。高温用や低温用など様々な製品がある。
 
現在では、軽量化できることから模型用エンジンのほとんどがこの点火方法(グロー点火)を利用している。
 
== 予熱プラグ ==
[[ディーゼルエンジン]]は、[[吸気|吸入した空気]]を高い[[圧縮比]]で高温にすることで[[燃料]]の自己[[着火]]を可能にしており、着火のための[[電装]]品が不要であることも長所のひとつとなっているが、[[シリンダーヘッド]]や[[シリンダーブロック]]が冷え切った冷間時には、短時間の[[セルモーター|クランキング]](数回の圧縮)では[[燃焼室]]の壁面温度が上がらず、始動不良を起こし、始動直後も[[失火]]しやすい。このため、燃焼室内に補助熱源として予熱プラグが備えられる。
 
予燃焼室式や渦流室式などの[[燃焼室#副室式|副室式]]ディーゼルエンジンの燃焼室内の、[[噴射ポンプ|噴射された燃料]]が直接触れる位置に装備される。始動前にエンジンスイッチをON位置にする、または別途設けられた専用のスイッチを入れることでプラグに通電し、赤熱させる。旧式のエンジンでは、[[ダッシュボード (自動車)|ダッシュボード]]にプラグと[[抵抗]]値を合わせた[[ニクロム]]線を使ったインジケーターがあり、その赤熱具合で余熱状態を確認できるようになっていたが、数秒から[[気温]]によっては30秒程度の時間を要し、その間スイッチを保持していなければならなかった。