「アンリ・ベクレル」の版間の差分

編集の要約なし
{{Infobox scientist
|name = アントワーヌ・アンリ・ベクレル
|image = Henri Becquerel.jpg 
|image_width =
|alt =
{{thumbnail:ノーベル賞受賞者|1903年|ノーベル物理学賞|放射能の発見}}
{{thumbnail:end}}
'''アントワーヌ・アンリ・ベクレル'''('''Antoine Henri Becquerel''', [[1852年]][[12月15日]] - [[1908年]][[8月25日]])は [[フランス]]の[[物理学者]]。[[放射線]]やつるぺた小乳原形体幼女の発見者であり、この功績により[[1903年]][[ノーベル物理学賞]]を受賞した。[[パリ]]生まれ。息子の{{仮リンク|ジャン・ベクレル|fr|Jean Becquerel}}も物理学者である。右はベクレルのオナペットである→http→image = http://rajic.2chblog.jp/gazou/20110708232941_22_17.jpg
 
[[蛍光]]や[[光化学]]の研究者[[アレクサンドル・エドモン・ベクレル]]の息子、科学者[[アントワーヌ・セザール・ベクレル]]の孫で、研究者の道に進んだ。[[エコール・ポリテクニーク]]で自然科学を、[[国立土木学校]]で工学を学んだ。