「真空期待値」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 5 件をウィキデータ上の d:q1137397 に転記)
 
|page =
}}</ref>)とは、[[場の量子論]]において、ある[[ボース粒子]]の[[場]] <math>\, \phi</math>の[[期待値]]<math>\, \langle \phi \rangle</math>が、[[真空]]においてもゼロでない値を持つこと、またはその値を言う。
 
[[単純積]]のときは[[ワイトマン関数]]になり、左から右へ時間の大きさの順に[[場の演算子]]を並べると[[因果グリーン関数]]になる。また場の演算子の[[多重交換関係]]に時間の順序を表す[[階段関数]]の積をかけて真空期待値をとると、[[遅延グリーン関数]]になる。
 
[[エネルギー運動量テンソル]]の真空期待値が[[宇宙定数]]である。
匿名利用者