「ロナルド・レーガン」の版間の差分

編集の要約なし
{{otheruses|アメリカ大統領|空母|ロナルド・レーガン (空母)}}
{{大統領|人名=ロナルド・レーガン
|人名=ロナルド・レーガン
|各国語表記=Ronald Wilson Reagan
|画像=Official Portrait of President Reagan 1981.jpg
|代数=[[ファイル:Seal Of The President Of The United States Of America.svg|20px]] 第40
}}
 
'''ロナルド・ウィルソン・レーガン'''({{en|'''Ronald Wilson Reagan'''}}, [[1911年]][[2月6日]] - [[2004年]][[6月5日]])は、[[アメリカ合衆国]]の[[俳優]]、[[政治家]]。第40代[[アメリカ合衆国大統領]]、[[カリフォルニア州知事]]を歴任。最年長で選出された大統領(69歳349日)であり、唯一離婚歴を有する大統領である。身長185cm。
 
==概要==
===バック・トゥ・ハリウッド===
[[ファイル:Ronald Reagan and Steven Spielberg 1.jpg|thumb|220px|左からレーガン、ナンシー夫人、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』製作総指揮の[[スティーヴン・スピルバーグ]]]]
レーガンのお気に入りの映画は1985年公開の映画『[[バック・トゥ・ザ・フューチャー]]』で、ホワイトハウス内の専用上映室で何度も見たという。この映画には、[[タイムマシン]]で30年前の1955年に[[タイムスリップ]]した主人公マーティが、そこでこのタイムマシンを作った科学者、若かりし頃のドク・ブラウンと対面、自分が未来から来たことを告げる。そんなことは全く信じないドクが「そうか、じゃあ1985年には誰が大統領になってるんだ?」と聞くと、マーティは「ロナルド・レーガンだ」と答えるが、ドクは(出まかせを言っているものだと判断し、)呆れて「ロナルド・レーガン? 役者のか? なら副大統領は誰だ?(?(コメディアンの)[[ジェリー・ルイス]]か?」とこれを笑うシーンがある<ref>Dr. Brown:Then tell me, "Future Boy", who's President in the United States in 1985?<br>Marty:Ronald Reagan.<br>Dr. Brown:Ronald Reagan? The actor? Then who's VICE-President? Jerry Lewis?? </ref>(その場面の少し前に、出演者としてレーガンの名前がある映画ポスターが映り込むという伏線がある)。
 
[[1986年]][[2月4日]]の一般教書演説で、レーガンは逆にこの映画から別のセリフを引用、「映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でも言っていたように、我々の行き先には道が敷かれている必要はないのです(“As("As they said in the film ''Back to the Future'', where we’rewe're going, we don’tdon't need roads.”)")」という一節を挿入して、議場の喝采を浴びている。
 
なお、他にも『[[レッズ (映画)|レッズ]]』などがお気に入りで、ホワイトハウス内の上映室で鑑賞していた。
レーガンの茶目っ気と洗練されたジョークはアメリカを魅了したが、軽口が災いして、ひとつ間違えば外交問題に発展するか、下手をすれば全面核戦争にもなりかねないような状況を作ってしまったこともあった。
 
1984年8月8日、定例ラジオ演説の本番前のマイクロフォンテストで、常套句“Testing "Testing, testing, one, two, three." を言うかわりに、「国民の皆さま、喜ばしいご報告があります。私はただいまソ連を永遠に葬り去る法案に署名しました。爆撃は5分後に始まります(My fellow Americans, I am pleased to tell you I just signed legislation which outlaws Russia forever. The bombing begins in five minutes.)」と言った。このメッセージはその時点で放送されなかったが、その後リークされて物議を醸した。ソ連の[[イタルタス通信|タス通信]]は「アメリカ大統領の比類なき敵対行動に抗議する」、「多くの人の運命を預かる核所有国のトップとして適切な発言ではない」と抗議した。
 
===銅像===
[[2011年]]6月29日、東欧民主化に果たしたレーガンの功績を称え、生誕100年に合わせて、ハンガリーの[[ブダペスト]]でレーガン像の除幕が行われた。除幕式には前[[アメリカ合衆国国務長官|米国務長官]]の[[コンドリーザ・ライス|ライス]]とハンガリー首相の[[オルバーン・ヴィクトル]]らが出席した。レーガン像は高さ2.22.2メートル。旧ソ連記念碑(旧ソ連が[[1945年]]の「ハンガリー解放」を誇示するために建立した記念碑)のそばにある。
 
2011年7月4日、レーガンの生誕100年を記念して、イギリスの[[ロンドン]]でレーガン像の除幕が行われた。除幕式にはイギリスの[[外務および英連邦大臣|外相]]の[[ウィリアム・ヘイグ]]、前米国務長官のライスらが出席。[[マーガレット・サッチャー|サッチャー]]元英首相の祝辞が読み上げられた。
 
{{Link FA|en}}
 
 
{{Link FA|sv}}
{{Link FA|lt}}
82

回編集