「ジェームズ・ブキャナン」の版間の差分

編集の要約なし
|battles=[[米英戦争]]
}}
'''ジェームズ・ブキャナン・ジュニア'''('''{{lang-|en-short|James Buchanan, Jr.}}''', [[1791年]][[4月23日]] - [[1868年]][[6月1日]])は、[[アメリカ合衆国]]の第15代[[アメリカ合衆国大統領|大統領]]である。18世紀生まれの最後の大統領であり、結婚しなかった唯一の大統領である。また、[[ペンシルベニア州]]から選出された唯一の大統領でもある。
 
ブキャナンは人気があり経験豊富な州の政治家で、非常に成功した弁護士であった<ref>Thomas Bailey, Lizabeth Chen and David Kennedy. The American Pageant. 13th Edition. Houghton Mifflin Company. New York: 2006, p. 415</ref>。彼はペンシルベニア州選出の下院議員となり、後には上院議員に転身、[[アンドリュー・ジャクソン]]内閣ではロシア担当大臣を務めた。また、[[ジェームズ・ポーク|ポーク]]内閣では[[アメリカ合衆国国務長官|国務長官]]も務めている。最高裁長官の指名を断った後、[[フランクリン・ピアース|ピアース]]内閣ではイギリス担当大臣を務め、[[オステンド・マニフェスト]]の作成を手助けした。
82

回編集