「水谷真人」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
理論的な批評に現代性が加わり、一部に根強い読者を持っている。
 
== 主な ==
「批評と[[文芸批評]]と」(「[[群像]]」1999年6月)