メインメニューを開く

差分

→‎作品:  補足
== 作品 ==
===文学===
*[[南総里見八犬伝]]: [[江戸時代]]の[[曲亭馬琴]](滝沢馬琴)による読本[[南総里見八犬伝]]の第三輯巻之五には、[[芳流閣]]として[[古河公方]]期の古河城が描写されている。<ref> [http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/06renewal/kouhou/07_09_01/kouhou/16.pdf 古河市公式ホームページ 広報「古河」No.24 古河風土記(描かれた古河城)] </ref>
*火男: [[吉来駿作]]の歴史小説。[[室町時代]]の[[永享]]13年(1441年)、[[結城合戦]]にともなって起きた古河城攻防戦が題材。主人公は「[[ひょっとこ]]」に似た面相で、火を操る技術を持つ。籠城兵 85人とともに、攻め寄せる[[関東管領]]軍 10万人を迎え撃つ。第5回[[朝日時代小説大賞]]受賞。発行は[[朝日新聞出版]]、2013年。
 
== 脚注 ==
1,460

回編集