「渋川義長」の版間の差分

[[永正]]元年([[1504年]])、父である[[渋川尹繁]]より肥前守護職と九州探題職を譲り受けたとされる。
 
[[足利義稙]]より偏諱をてはじめ稙直、のちに義長と名乗る。
 
その後の天文2年([[1533年]])に長年の庇護者であった[[大内氏]]を裏切り、逆に長年の宿敵であった[[少弐氏]]に通じた為、大内軍の攻撃に晒された。翌天文3年([[1534年]])、大内軍によって肥前[[朝日山城]]を落とされ自害した。義長の死によって、肥前における渋川氏は滅亡し、同じく九州探題も途絶することとなった。
匿名利用者