「和様建築」の版間の差分

建物の画像を掲載
(建物の画像を掲載)
[[ファイル:Saimyoji Kora Shiga pref12bs4592.jpg|thumb|right|250px|[[西明寺 (甲良町)|西明寺]]本堂(滋賀県、国宝) 鎌倉時代初期 側柱を長押で固め、蔀戸を多用した典型的な和様仏堂]]
[[ファイル:Ryosenji Hondo Nara01.jpg|thumb|right|250px|[[霊山寺 (奈良市)|霊山寺]](奈良県、国宝)弘安6年(1283年)伝統的な和様を順守した保守的な建築。]]
[[ファイル:Ryosenji Nara Japan31s3.jpg|thumb|right|250px|霊山寺本堂の細部 組物は尾垂木付きの二手先とする。頭貫の木鼻には大仏様の要素がみられる]]
'''和様建築'''(わようけんちく)とは、[[鎌倉時代]]に中国から伝わった建築様式([[大仏様]]、[[禅宗様]])に対して、それまで日本で寺院建築に用いられてきた寺院建築の様式を指す。単に'''和様'''(わよう)とも呼ばれた場合には和様建築のことを指す場合もある。
 
*[[富貴寺]]大堂
*[[一乗寺]]三重塔
 
<gallery>
ファイル:Myotuji Hondo 1.jpg|[[明通寺]]本堂(福井県、国宝)正嘉2年(1258年) 正面柱間はすべて蔀戸とし、外観は和様だが、内部には禅宗様、大仏様を取り入れた折衷様建築である。
ファイル:Tyoujuji 2.JPG|[[長寿寺 (湖南市)|]]本堂(滋賀県、国宝) 平安時代末期ないし鎌倉時代初期
ファイル:Ryosenji Nara Japan30s3.jpg|霊山寺本堂の蟇股
ファイル:Ryosenji Nara Japan32n.jpg|霊山寺本堂の蔀戸
</gallery>
 
== 参考文献 ==
*『週刊朝日百科 日本の国宝』7号、朝日新聞社、1997(霊山寺)
*『週刊朝日百科 日本の国宝』80号、朝日新聞社、1997(西明寺、長寿寺)
*『週刊朝日百科 日本の国宝』84号、朝日新聞社、1997(明通寺)
 
== 関連項目 ==
*[[建築史]]
*[[日本建築史]]
*[[書道界]]
 
{{DEFAULTSORT:わよう}}