メインメニューを開く

差分

 
== 日本の傷痍軍人 ==
[[File:Wounded Soldier in Japan.JPG|thumb|[[太平洋第二次世界大]]後の傷痍軍人。(1948年12月)]]
日本においても[[日露戦争]]後に大量の傷痍軍人が出現して大きな社会問題となり、国家により救済支援制度が整備された。また、[[第二次世界大戦]]において多くの軍人が戦死、或いは傷痍軍人となった。戦時下においては、戦傷もまた名誉とされ、在世中の'''[[傷痍軍人記章]]'''を着けることを許され、社会的に優遇を受けることもあった。戦後、厚生省のもとでその補償がなされるようになり、軍人恩給等の対象ともなった。財団法人[[日本傷痍軍人会]]を中心として(会員の高齢化により[[2013年]]11月30日、結成60周年で解散)、各地の[[傷痍軍人会]]が設立され、傷痍軍人の生活の援護と親睦福祉増進を図る事業が展開されている。[[21世紀]]となっても、日本における傷痍軍人は既に亡くなった者が多いが、生存者に対する慰労や補償とともに、物故者に対する慰霊や顕彰、遺族補償の問題は未だ大きな問題となっている。
 
271

回編集