「七十七銀行硬式野球部」の版間の差分

出身プロ野球選手+1。その他
(出身プロ野球選手+1。その他)
 
==主な出身プロ野球選手==
*[[小林敦 (野球)|小林敦]]:投手([[2010年]][[千葉ロッテマリーンズ]]ドラフト3巡目
*[[相原和友]]:投手(2013年[[東北楽天ゴールデンイーグルス]]ドラフト7位)<ref>{{Cite news | archivedate=2013-11-13 | archiveurl=https://web.archive.org/web/20131113042505/http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131111-OHT1T00179.htm | date=2013-11-12 | url=http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131111-OHT1T00179.htm | title=【楽天】ドラ7・相原、母校・東陵に負けない! | newspaper=[[スポーツ報知]] | publisher=[[報知新聞社]] | accessdate=2013-12-14}}</ref>
 
==タイブレークとの縁==
{{独自研究|section=1|date=2013年12月14日 (土) 03:53 (UTC)}}
2003年より社会人野球の公式戦において[[タイブレーク]]が採用されたが、[[2004年]][[11月21日]]の日本選手権における[[JR西日本硬式野球部|JR西日本]]との一戦が初適用例となり、延長15回、1-3で敗れた。続いて[[2005年]][[8月23日]]の[[第76回都市対抗野球大会]]における[[デュプロ硬式野球部|デュプロ]]との一戦が都市対抗野球初のタイブレークとなり、延長15回、9-8でサヨナラ勝ちしている。さらには[[2010年]][[9月1日]]の[[第81回都市対抗野球大会]]においては対[[NTT東日本硬式野球部|NTT東日本]]戦でタイブレークの延長戦にもつれこみ、1-2でサヨナラ負けした。2010年までの2大大会で3度のタイブレークを経験したのは七十七銀行のみである。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
==関連項目==
17,103

回編集