「因果性」の版間の差分

→‎物理学における因果律: 節がそもそも「物理学における」と銘打たれている以上仏教的な概念をこの節の注釈に入れることは不適当と判断される。
(→‎物理学における因果律: この節を編集したものの唱える「一般的」の概念よりもPublicationを得ている学術論文、学術書の信頼性の方が高いと考えられるため主張を削除する。)
(→‎物理学における因果律: 節がそもそも「物理学における」と銘打たれている以上仏教的な概念をこの節の注釈に入れることは不適当と判断される。)
== 因果律 ==
=== 物理学における因果律 ===
[[古典物理学]]での因果律とは、「現在の状態を完全に指定すればそれ以後の状態はすべて一義的に決まる」と主張するものであったり、「現在の状態が分かれば過去の状態も分かる」と主張するものである<ref name="ingaritu">平凡社『世界大百科事典』vol.7 p.7【因果律】</ref><ref>因果律、といっても、日本語では伝統的には仏教の用語として用いられていた歴史があり、古典物理学だけの占有用語ではない。</ref>。<!--「いかなる[[事象]]も[[時間]]的に[[過去]]に起こった事を[[原因]]として起こる」--><!--<ref>{{要出典|date=2009年9月}}あるいは、「非[[決定論]]的立場」に立つならば「純粋に[[偶然]]に起こる」場合も含む、とする考え方である。</ref>--><!--<ref>因果律は「{{要出典範囲|少なくとも[[未来]]の事象を原因としてそれよりも過去の何らかの事象が起こる、という事はない|date=2009年9月}}」とする考え方。</ref>-->
 
また[[相対性理論]]の枠内においては、[[情報]]は光速を超えて伝播することは無く、光速×時間の分以上離れた距離にある二つの物理系には、時間をさかのぼって情報が飛ぶ事無しに、上記の時間内に情報のやり取りは起こらない。物理学の範疇ではこの「光速を超える情報の伝播は存在しない」という相対論の想定を指して因果律と呼ぶことも行われている<ref name="ingaritu" />。
匿名利用者