「因果性」の版間の差分

→‎物理学における因果律: 「感想」は独自研究に当たり削除該当項目と判断される。
(→‎物理学における因果律: 「感想」は独自研究に当たり削除該当項目と判断される。)
 
また[[相対性理論]]の枠内においては、[[情報]]は光速を超えて伝播することは無く、光速×時間の分以上離れた距離にある二つの物理系には、時間をさかのぼって情報が飛ぶ事無しに、上記の時間内に情報のやり取りは起こらない。物理学の範疇ではこの「光速を超える情報の伝播は存在しない」という原理を同じく因果律という。<ref name="ingaritu" />。
 
科学の歴史において、有力とされ、検証を重ねられてきたと信じられて、用いられてきた古典力学的な[[物理法則]]・理論等は、(少なくとも見かけ上の)因果律を採用しなければ成立していない、ということになる。旧来の道具に執着する立場からすれば「もし厳密さを要求されるとなると、せっかくの便利な道具([[法則]]・理論等)が使えない、ということになってしまう」という感想も出てくることになる。
 
日常に比べて極めて小さいスケールでは物理を論じるに当たって[[量子力学]]が必要となるが、
匿名利用者