「共通ウィズユーカード」の版間の差分

→‎歴史: 発売終了について加筆
(→‎歴史: 発売終了について加筆)
 
==歴史==
* [[1992年]][[11月]] - 札幌市営地下鉄専用のプリペイドカードとして「ウィズユーカード」の名称で販売を開始。
** 名称決定に際しては一般公募が行われた。
** この時点では自動改札機には直接通せず、JRの[[オレンジカード]]のように自動券売機で乗車券に引き換える形だった。
* [[1994年]][[6月]] - 市営地下鉄の一部の自動改札機が更新(VI型)され、ウィズユーカードでそれらの自動改札機を直接通ると自動的に乗車料金が引き落とされるようになった([[乗車カード|ストアードフェアシステム]])。
* 1994年[[10月14日]] - 市営地下鉄[[札幌市営地下鉄東豊線|東豊線]]の延長開業([[豊水すすきの駅|豊水すすきの]]~[[福住駅|福住]]間)に伴い、市営バス・市電にカードリーダーを導入。すべての市営交通機関で「ウィズユーカード」が利用可能となる。要望が多かったプレミアムは、乗継割引と合わせると二重割引になるとの見解から見送られた。
** また同日、札幌市営バスから移管された北海道中央バスの南71・澄73・南81系統やジェイ・アール北海道バス(札幌市内のみ有効。新札幌駅でのみ乗継にも有効。)にも対応した「共通乗車カード」を販売開始。
* [[1995年]][[4月1日]] - 二重割引が法的に問題ないことから「ウィズユーカード」がプレミアム付きとなる(付加額は現在と同じなので上表を参照)。
:**「共通乗車カード」はプレミアム付きとはならなかった。
* [[1997年]]4月1日 - 「ウィズユーカード」と「共通乗車カード」を統合する形で、北海道中央バス・ジェイ・アール北海道バス・じょうてつの札幌市内全線での利用を可能にした「共通ウィズユーカード」を販売開始。
* [[1999年]][[12月1日]] - 市営地下鉄専用の「昼間割引カード」を販売開始。
**10~16 10 - 16時に乗車する場合に限り有効である。市営地下鉄のみで利用可能だが、乗継割引は適用されない。販売額は2,000円(利用可能額2,500円)。
** 同年[[7月]]から引換券を購入して切符に交換する方式で販売していたものをカードにしたものである。
** 市電ではカードではなく[[回数乗車券|回数券]]として販売されている。市営バスでも回数券として販売されていた。
* [[2001年]] - [[ICカード]]乗車券「[[S.M.A.P.カード]]」の実証実験が始まる。
* [[2006年]][[4月]] - [[2008年]]度末を目処に市営地下鉄と市電に非接触ICカード乗車券「STカード(仮称)」の導入を発表。導入後はウィズユーカードの廃止を検討するとしている。
* 2008年[[3月27日]] - 札幌市交通局は[[2009年]][[1月]]から市営地下鉄にICカード「[[SAPICA]]」を導入すると発表。
* 2009年[[1月30日]] - ICカード乗車券「SAPICA」のサービスを開始。
* 2013年12月18日 - 札幌市が共通ウィズユーカードの新規発売を2014年5月末で終了し、2015年3月末で利用も停止する方針を固めたことが報道された<ref>[http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/510757.html 北海道新聞(2013年12月18日)]</ref>。
 
== 関連項目 ==
27,864

回編集