「効用関数」の版間の差分

m
編集の要約なし
(新しいページ: ''''効用関数'''(こうようかんすう)とは経済学用語の一つ。ある物品を購入する場合に、その物品から得られる...')
タグ: 参考文献(出典)に関する節がない記事の作成
 
m
'''効用関数'''(こうようかんすう)とは[[経済学]][[用語]]の一つ。ある物品を購入する場合に、その物品から得られる効用を[[数値]]に置き換える[[関数]]を効用関数という。効用関数というのはその物品の[[価値]]や[[質]]に加えて、重要性や好みなどといった要素も含んだ上で数値化するため、この数値というのは選ぶ人間によって変化するわけである。また効用関数というのはたくさん[[消費]]すればそれだけ数値が加算されることになっているものの、その数値というのはその時点で[[限界効用]]とされる数値であるから、加算されていく数値というのは消費を繰り返すごとに減少していくわけである
 
== 外部リンク ==
*[http://www.econ.osaka-cu.ac.jp/~Nakagawa/data/04me3.pdf]
*[http://fs1.law.keio.ac.jp/~aso/micro/pp/pmicro_03.pdf]
 
{{Economy-stub}}
{{デフォルトソート:こうようかんすう}}
[[Category:経済学の用語]]
[[Category:関数]]
9,201

回編集