「力への意志」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 13 件をウィキデータ上の d:Q583998 に転記)
 
==解説==
この言葉が公刊された著書に初めて出てくるのは『[[ツァラトゥストラはこう語った]]』第2部「[[自己超克]]」の章である
<ref>今村仁司編 『現代思想を読む事典』 講談社〈講談社現代新書〉、1988年、pp.423-424。</ref>。
そこでニーチェは、「賢者」たちが全ての物事を思考可能なものにしようとする「真理への意志」の正体が、一切を精神に服従させようとする「力への意志」であると批判している<ref>ニーチェ著、氷上英廣訳 『ツァラトゥストラはこう言った』上巻、岩波書店〈岩波文庫〉、1967年、pp.193-194。</ref>。すなわち、力への意志は[[ルサンチマン]]と当初密接な関係があり、否定的なものとして記されていた。しかしやがてニーチェは力への意志を肯定的な概念としてとらえ直す。あえて積極的にニヒリズムを肯定し、ニヒリズムを克服することが力への意志となり得るのである。