「八色の姓」の版間の差分

m
官人の
(標準的表記)
m (官人の)
 
姓は文字通り8種類あって、上から[[真人]](まひと) [[朝臣]](あそみ・あそん) [[宿禰]](すくね) [[忌寸]](いみき)[[道師]](みちし) [[臣]](おみ) [[連]](むらじ) [[稲置]](いなぎ)と言う順列をつけていた。
:[[682年]](天武11)8月、官人の考選に族姓を重んじる。
 
:[[683年]](天武12)9月、倭直(やまとのあたい)など38氏に連の姓を授ける。<br>
:[[684年]](天武13)10月、守山公など13氏に真人の姓を授ける。<br>
:[[684年]](天武13)11月、大三輪君など52氏に朝臣の姓を授ける。<br>12月、大伴連など50氏に宿禰の姓を授ける。
:
 
ただし、すべての姓をこの制度に当てはめるということは行われず、従来あった姓はそのまま残された。そのために古くからあった姓([[国造]]くにのみやっこ)などもそのまま残っていた。従来から有った、'''臣'''、'''連'''の姓の上の地位になる姓を作ることで、壬申の乱や天皇家に対して功績のあった氏族と旧来の氏族との差をつけようとしたという見方もできる。
 
262

回編集