「録音」の版間の差分

m
レコーディングは、ヴォーカルやギターなどの素材となる音をひとつずつ録音し、各々に対してエフェクトやEQ(イコライジング)などの加工を行ったあと、すべての音を[[ミキシング]]するまでの作業である。それに対し、[[マスタリング]]は、すでに出来上がった音源に対する最終的な音量調整や音質調整、フェードイン・フェードアウト処理、曲順決定をして、CDカッティング用のマスターテープをつくる作業であり、レコーディングとマスタリングは、同じようだがまるで違うものである。そのため、レコーディングとマスタリングには専用のスタジオが使用され、同じ場所で行われることはまずないと言える。
 
※ 正確にはこの工程はプリマスタリングであり、本来のマスタリングではない。詳細は[[マスタリング]]の項を参照。
 
== 録音関連機器 ==
6

回編集